【旅=自由ではない】旅資金を稼ぐ力を身につけた人しか見られない風景がある。

20歳、大学時代にバックパッカーをやっていたとき。

僕は、旅というものは

思っていたほど自由ではないのだな

ということに気が付きました。

旅人は、限られた資金の中で出来る限り遠くに行こうとします。
そうなると、滞在時間は短くなり、忙しない毎日になっていく。

新しい街に着けば、新しい宿とレストランを探さなくてはならず、
国が変われば、また新しいルールに馴染まなければなりません。

とても忙しい毎日を、強いられているような気持ちになりました。

なによりも資金的な制限

旅先で資金が不足してくると、旅を楽しむどころではなくなって、

「あと何日間、旅できるかな…」

銀行残高との相談ばかりになりました。

面白そうな体験があってもお金がかかるから参加ができない。
美味しそうなものがあってもパンをかじって我慢する。

その状態は、自由とはとても呼べないものでした。

資金が少なくなっても、戦える「武器」が欲しい。

DSCF1935

僕は異国の街を歩きながら、「旅中にでもできる仕事の仕組みがあればいいのに」と、思いました。

もし、そんな仕組みを持っていたらこの貧しさとも戦うことができるのに。

とりあえずタイやベトナムや物価の安い国に住み着いて、
数ヶ月滞在しながら仕事をして、旅資金を稼いで、旅を続ける。

そうゆう武器や選択肢のただひとつも自分が持っていないことに、憤りすら感じました。

旅人=自由ではない。

僕は、

旅人=自由

と思っていません。

旅人が享受できる自由には限界があります。資金的にも、時間的にも。

もし、その制限を取っ払って、世界中どこでも自由に住み着いて、
好きな人と一緒にいたいなら。
それを可能にする具体的な力」が必要なのだと思います。

僕はその「具体的な力」が欲しくて、これまでも、
そして今も仕事を続けてきているような気がします。

旅をしながら資金ぐ、そのライフスタイルの自由さ。

1620900_817507404942407_1440260736_n

旅をしながら資金を稼ぐ

その自由度は、ひとことでは言い表せません。

たとえば、数カ月前、ポルトガルのリスボンにて。

平日の夕方に、地中海の遊歩道を歩きながら、
アフリカ方面から吹き抜けるヨーロッパ特有の乾いた風を全身で受け止めた時。

その瞬間に感じていた自由度は、昔、
バックパッカーをしていた頃に自分が感じたそれとは、
まったく別次元のものでした。

この世界は本当に広く、一生かかっても飽きることがない、
素敵な風景にあふれています。

そして、旅人では、旅行者では絶対に辿りつけない地平が、
パワートラベラーでなければ見ることができない景色があります。

僕はそこに行きたい。
その向こう側の風景をこの目で、身体で、いろんな世界を感じたい。

そうして、僕にしか見えない風景をたくさんの人に伝え続けたいと思っています。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

世界を自由に飛び回る力をつけるために 「世界を自由に飛び回る力をつける」そのために、僕はPC一台でできる仕事の仕組みを作ってきました。 ...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

関連記事

【バルセロナ-リスボン】鉄道・バス・飛行機を比べてみたけど、フライトがコスパ最強...

【世界喫茶店探訪】リスボンのシアード地区・Armazens do Chiado内...

サグラダファミリアの年間パスをゲット!”友の会”への入会方法まとめ

NO IMAGE

【大西洋】頭の中の国境が、だんだんとなくなってきている

どんなに妻のリクエストを叶えても、120点はとれないのだと気がついた話。

自分にとっての異国とは、心理的な距離によって決められるのだと、新山口駅で気がつい...