パリのメトロ(地下鉄)、乗るときに気をつけたい改札のルール

パリでは細かく網目のようにメトロ(地下鉄)が走っているので、 乗ることができればかなり便利です。

だいたい500メートル圏内に1つの駅があるように設計されているようで、迷子になって歩き回っていても、どこかしらのメトロに辿り着くことができます。

地下鉄の治安は悪いと評判ですが、ドア付近に立たなかったり、おしゃべりに夢中になって注意を怠るようなことをしなければ、危ない目にあうことは少ないでしょう。僕らも市内観光の折には、よくこのメトロで移動をしていました。

日本のメトロでは、

  • 改札を入るとき
  • 改札を出るとき

に切符を機械に通しますが、 パリでは必ずしもそうとは限りません。

駅によって、

  • 入り口に必要、出口でも必要
  • 入り口だけ必要、出口は不必要

と変わります。

近距離のメトロでは出口での切符は不要ですが、RER線(日本のJRのようなもの?市内と郊外を結ぶ路線)の駅に関しては、出るときにも切符を改札機に通すようです。メトロの改札は国によって出入口のルールが違うので、はじめはいつも戸惑いますね。

Paris_Subway_Grands_Boulevards

こんな感じなので、 ときどきチケットを買わずに乗る人がいるようですが、、、 それは危険です!

ときどき出口前に警察官が並んで、 ひとりずつ切符の確認があります。抜き打ちチェックです。 ここで捕まると罰金になります。僕らはパリ滞在中に1回だけ、この抜き打ちチェックに遭遇しました。改札口に何人もスタッフが待ち構えている光景はなかなかに圧巻でした!

<追伸>
僕たちはメトロの回数券、10回分14ユーロ(通常は1回、1.9ユーロ)を購入していました。お得ですし、切符の販売機に並ばなくて済むのでおすすめです。

パリでアパートメントを借りてみた!検索方法と契約手順、おすすめの滞在エリアをまとめました。

2015.10.13

【保存版】パリで観光に便利なおすすめホテルとエリアをまとめました!

2015.07.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
阪口ユウキ
PC一台でできる仕事をやりながら、家族と旅して暮らす生活を叶えています。収益サイトの構築と自分メディア運営が得意。起業してからの軌跡は著書『うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話』にまとめています。

旅の様子と資金を稼ぐ方法はニュースレターで配信しています。

ニュースレターでは今僕が取り組んでいるビジネスや、ゼロからPC一台で稼ぐ力をつける方法、海外で見つけたビジネスのアイディアなどを配信しています。セミナーや勉強会などの情報もいち早くお伝えしています。

関連記事一覧

阪口ユウキ YUKI SAKAGUCHI


仕事をしながら世界各地を巡るパワートラベラー。夫婦ふたりで旅暮らしをしています。


旅の様子はニュースレターで配信しています。
苗字  *
名前  *
メールアドレス  *

BOOKS



パソコン一台でできる仕事で起業をしてから、出国するまでの2年間の軌跡が本になりました!

FACEBOOK

facebook-top

リアルタイムな旅の様子はFacebookで配信しています。友だち申請・フォロー歓迎です!

NEW ENTRY

PAGE TOP