ディズニーから帰りたくない!閉園後も夢の時間が持続する、ディズニーホテル「Dreamers Lounge」で夜のティータイム。

ディズニーランドの閉園時間は通常22時まで。

僕らはこの日、アフター6パスポートで園内に入ったこともあり、あっという間に閉園時間になりました。

閉園直後の駅付近は混み合いますし、妊婦である妻は移動が大変そうです。

「人混みが落ち着いてからホテルに帰ろう」
「もう少しディズニーリゾートの空気に浸ってたいしなー」

と思ったため、

パークのすぐ目の前にある「ディズニーホテル」のラウンジに立ち寄ることにしました。

 こちらが夜のディズニーホテル。

この日はあいにくの雨だったのですが、雨のおかげで路面に光が反射して幻想的な雰囲気に。

ちなみに、ディズニーホテルの立地はこんな感じ▼

隣接、というよりディズニーランドの一部といった方が正しいような立地ですね。

お目当ては、こちらのホテルの中にあるラウンジカフェ「Dreamers Lounge」。

こちらのカフェは23時まで営業しているので、閉園後に利用するのにピッタリなのです!

ディズニーランドホテル内のラウンジカフェ「Dreamers Lounge」で閉園後のティータイム

「Dreamers Lounge」はフロント階(3F)にあります。

高い天井と大きなガラス窓、そしてパーク内では考えられない広々とした座席。

閉園後の疲れを癒やすのにぴったりな空間です。

店内はとっても広々!

こちらはイギリスのヴィクトリア時代の内装をコンセプトにしているとのこと。ディズニーランドの非日常な空間が持続します。

紅茶やコーヒーは1杯7-800円程度でおかわりは自由。(すべての紅茶でないかもしれませんが、僕が注文した紅茶はおかわり無料でした)

メニュー例

  • オードブル各種 ¥620~
  • スープ各種 ¥930~
  • サンドウィッチ各種 ¥1,450~
  • ライトミール各種 ¥1,750~
  • デザート ¥620~
  • プレミアムティーセレクション ¥1,550
  • コーヒー、紅茶 ¥730~
  • ソフトドリンク各種 ¥620~
  • ビール各種 ¥930~
  • カクテル各種 ¥1,030~

 

閉園時間は電車も混み合うので、こうした場所で一息つきながら今日の出来事を語りあったり、写真の整理をしたりしているうちに、舞浜駅も空いてきます。

なによりディズニーランドの余韻が持続します^^ 僕ら夫婦もすっかり満足してホテルに戻りました。

閉園時間を過ぎてもまだ物足りないなーという場合の選択肢としておすすめです。

場所

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

旅と仕事を夫婦で両立するために。旅中の1日のスケジュールを公開します!

妻がフィリピンに行くと言い出した。その理由がすごい。

パリ・シャングリラホテル、○○経由で予約すると3泊目が無料に! 10万円以上お得...

アンテロープのプライベート写真ツアーに行ってきた! 一歩渓谷の中に入ると、別世界...

滞在してわかった!ウィーンのおすすめホテルと観光に便利なエリアまとめ

NO IMAGE

セブ・ボホール島にて海外不動産の視察ツアーに参加してきました