20代のすべてを、この夢の実現に捧ぐ。

昨日、久しぶりに音楽の仕事依頼を受けた。

千葉で音楽活動をしていた時、お世話になっていた方からの紹介で

大手メーカーからの依頼で早急にベーシストが一人必要とのこと、
真先に自分に声をかけてくれたようだった。

その電話を受け取った時、まず思ったことは、

「どうしてこんな電話が自分にかかってきたのだろう?」

ということで、

この半年間、楽器に触ることなく、ただパソコンと格闘していた自分は
ほんの一年前まで、プロのミュージシャンを目指して活動していたことを、
すっかり忘れていたのだった。

21歳から23歳まで、自分の生活は音楽一色に染まっていた。

仕事をしながら、毎日ジャズに明け暮れ、池袋や新宿のジャム・セッションを梯子し、
バンドを掛け持ちして、アレンジ用の楽譜を喫茶店に籠って書き続けていた。

持ちうる限りの時間と情熱を注ぎこみ、全てをベースという楽器に捧げていた。

 

社会人1年目のプレッシャーと、夢への情熱を両立させることは難しかったけれど、

「夢がある。ただそれだけのために、生きる。叶わなければ、死あるのみ」

という刹那的な生き方は、自己陶酔と快楽の、なんともいえない甘い味があった。

昨日電話を受けるまで、すっかりそんな過去があったことを忘れ去っていたのだった。

その人の声を聴きながら、地獄の窯で煮込まれるような情熱の、
ドロドロとしたあの熱い感触を思い出したとき、
それが遠い前世の記憶のように思えて、自分も随分遠い場所に来たのだなと実感した。

「実は、もう音楽からは足を洗っていて、
今は大阪で起業して、新しいことに挑戦しているんです。
7月から出国して、それから5年間は帰ってこないつもりです。」

そう伝えると、その人は素直に喜び、自分の門出を応援してくれた。

随分お世話になっていただけに、残念がられるのかと思ったけれど、
その真逆の反応でなんだか拍子抜けしてしまった。

何をしているのかということより、
何かに挑戦しているということそのものが、
誰の批判も意見を挟む微塵の隙間もないほど、貴いことなのかもしれない。

1年前の自分は
「ベース一本で世界一周をする」と豪語していたが、

世界一周をするための武器が、
ベースからビジネスに変わっただけで、
今の自分も、昔の自分も、同じ夢を追いかけているように感じる。

5年後、10年後の自分も、同じ夢の延長線上に立っていて欲しい。

表現の手段は変わっても、追い求めるものが違っていても、
今の自分ではまだ描くことができない夢を、
地球規模の巨大なキャンパスの上に描いていたい。

20代のすべてを、この夢の実現に捧ぐ。

 

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

NO IMAGE

12月27日進歩状況報告ーわかばをふかしながら思う出国の日

NO IMAGE

2.26 【2か月半ぶりに】2月26日進歩状況報告【アルコールを接種する】

生まれてはじめての寮生活。

NO IMAGE

8月25日の独立宣言

NO IMAGE

【1年前を】2月14日進歩状況報告【振り返る】

1ヶ月の生活費をPC一台で稼げるようになった日