妻の公式サイトを作っています。

今、妻の公式サイトを
夜を徹して作っているところです。

screencapture-aki-asaoka-com

妻がFacebookに上げた過去記事を
読んでいるのですが、
つくづく、彼女はすごいなあと思いました。

まず記事が面白い。

身体を張って、
自分の実体験をベースに
他の人では書けないような記事を
書いているのがわかります。

妻の投稿は、
旅や資産運用のことが中心ですが、

実際に、世界を足で歩いて
体験してきたことや、

世界のお金持ちから直接
教わった情報を配信しているので
本当に、その情報が「生きて」いるのです。

いつも僕ら夫婦は
お互いのFacebook投稿を見せ合って

「これ、どう思う?」
「この内容、わかりやすい?」

と話し合いながら
記事を書いているのですが、

「よく、こんな記事を書けるなあ」

と思うようなものが
たくさん出てきています。

彼女はもともとはインドアで
アクティブに旅をする人ではありませんでした。

僕と出会う前にも
月1回くらいのペースで
旅行はしていたようですが、

今、僕らがやっているような
長期で、住み着くような旅は
まったくの未経験でした。

ですので、結婚する前は

「ほんとうに一緒に旅できるかな?」
「海外のアパートに住み着けるかな?」
「英語や外国語は大丈夫かな?」

と不安に思うことがあったのも事実です。

海外で住み着くことは
思っている以上に、負担がかかります。
海外に憧れを抱き出国し、
しかしすぐにその憧れを捨て
日本に戻ってきた人を、僕は何人も知っています。

実際に海外に出てみると、
その不安の一部は的中。

「英語わかんない!つらい!」

「ダニ!ハエが多い!」

「アリのいないホテルに泊まりたい!」

……と、

快適な日本とのギャップに
泣きついてくることもあります。

ですが、

結局彼女は、
いつもそれを乗り越えてきました。

空路、陸路、海路を
フルに使って
世界一周を達成したり、

フィリピンの語学学校では
誰よりも先生と仲良くなって、
いつも冗談を言って笑わせていたり、

面白そうな人がいれば
僕に代わって声をかけて
そのまま仲良くなって戻ってきたり、

そんなことを
国境の枠を超えて
自然体で楽しみながら、やっているのです。

今も僕らは、
色んな世界を回っていますが、

彼女の目線からは
僕が感じているのとはまったく違うものが見えています。

ですので、

僕と彼女、セットで投稿や記事を読んでいただくと、
より深く、僕らが感じている世界を
体感していただけるのではないかと思います。

彼女のFacebook▼
https://www.facebook.com/aki.asaoka
※1年前まで記事は書いていますが、現在は旅日記になっています。
投稿は次のグループページに集約させています。

彼女の裏グループ「裏麻丘」▼
https://www.facebook.com/groups/238300772998144/?fref=ts
※表投稿では書きにくいビジネスや投資、裏側の話を書いています。
※現在1500名以上の方に閲覧いただいています。
※グループへの参加は「彼女への友達申請+グループ申請」にて承っています
僕も今、ブランディング講座を
やっていたりしますが、

これまで見てきた人の中で
最も投稿内容がうまいのは、彼女です。
なにかしら参考になることがあると思いますし、
なにより投稿内容が面白いので
ぜひグループにご参加いただけると嬉しいです^^

今後とも、僕ら夫婦の目線で
色んな世界のことをシェアさせていただきますね。

追伸:
ちなみにこのサイトは一般公開はせず
妻のクローズドのグループ専用のブログになるそうです。

【お知らせ】パワートラベラーの定義と、この働き方を叶えるための戦略を動画でまとめました▶▶「パワートラベラーを叶えるための考え方と基本戦略

POWER TRAVELER

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。

「いつでも自由に旅することができる」という状態を保つため、PC1台で完結する仕事がメインです。

仕事についてのまとめはこちら

<最近の旅>
2018年8月:フランス、イタリア+国内
2018年9月:フランス、イタリア、セルビア、スロベニア+国内
2018年10月:フランス、イタリア+国内

関連記事

お洒落で解放的な下関の港町・唐戸を歩く。

娘が生まれて2週間。ニューボーンフォト(新生児フォト)を撮影してきました。

文庫本「どんなに弱くても 人は自由に働ける」のレビューが届き始めました。内容とブ...

夢をカチカチ唱えるために。カウンターを手に入れました!

ディズニーランドパリ ナイトショーの時間は? 終わってからの列車移動、治安は大丈...

ジョホールバルで本格的な日本食が食べられる!「JAPAN STREET in C...