2月13日進歩状況報告【自分が受け取る価値の10倍社会に与えること】

■2月の目標
・きせかえ/コミック/デコメ3ジャンル開拓

■2月13日の達成事項
・新規カラコン100サイト作成
・ボーカロイド関連キーワード収集
・『易経(下)』読書中
・『マザー・テレサ 愛と祈りの言葉』読書中

■2月作成サイト数
・新規3076サイト(累計11522サイト)
・修正1146サイト

■2月13日報酬(21時現在)
・3,315円

心がけようと思いつついつも忘れてしまうことなのですが、
たとえば今日500円の報酬が上がったとしたら、

「500円分の価値を、自分が得た」

と考えるのではなく、

「500円分の価値を、社会に与えた」

と考えたいと思っています。

たとえば今日は、「Fieldsモバイル」という560円の広告が売れました。

この広告は、
エヴァンゲリオンのパチスロ機アプリで遊べたり、
大当たり時の着メロや待受けなどをダウンロードできるものなのですが、

「新機種のエヴァンゲリオン7を携帯でも遊びたい!」

「綾波の待受け画像をダウンロードしてちゅっちゅしたい!」

「ボーナス時の着メロを入れて、毎朝テンション上げて仕事に行きたい!」

というような、この広告に登録してくれた誰かの生活が、
ほんのちょっとでも楽しく、
刺激的になっている様子を想像したいと思うんです。

自分が受け取る報酬の量は、

自分が社会に与えた価値の量を、

上回ることは決してありません。

松下幸之助さんなどは、

「たとえば自分が10万円欲しいなら、
社会にはその10倍の、100万円は貢献していないといけない。
自分が10万円分の働きしかしてないのに、10万円全部をもらってしまっては、
社会にも会社にも何も残らなくなってしまう」

というようなことを仰っていますが、

その根源にある思想は、

「自分が受け取る価値より、社会に与えた価値を大事にする」

精神にあると考えています。

僕はどうしても、
目先の報酬に一喜一憂してしまいますが、
自分が思うとおりの報酬が上がらないのは、ただ単純に、

「それに見合う価値を与えられていないのだ」

と真摯に受け止めて、

自分が欲しがる気持ちを「ぐぬぬ…」と飲み込み
与える作業に徹しなければならないのだと感じます。

アフィリエイターにとって、この「与える」という作業は

価値のあるサイトを1サイトでも多くネット社会に投入すること、

そして、そのサイトが多くの人の目に触れるように
SEO的な努力を尽くすことが、それに当たると思っています。

誰かが求めている情報を、ひとつでも多く紹介すること。
そうすることで、誰かの生活をより面白いものにすると同時に、
経済活動の循環にも貢献すること。

なかなか実践することはできていないのですが、
こんな風に考えることで、
自分の仕事にもっと価値を見いだせるように感じています。

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

生まれてはじめての寮生活。

NO IMAGE

もう浮浪者気分で街を歩くのはまっぴらなんだぜ

1ヶ月の生活費をPC一台で稼げるようになった日

NO IMAGE

最終日、島を出る。

NO IMAGE

1円の価値

NO IMAGE

世界中、自由に旅する会社をつくりたい。