Yahooキーワードアドバイスツールの登録方法と使い方を解説!検索ユーザーの男女比や地域もわかる便利ツール

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。

こちらの資料では、キーワードの月間検索回数を把握することができる「Yahooキーワードアドバイスツール」の登録方法と使い方についてご説明します。

こちらのツールを使うと、

  • 選択したキーワードが月間どのくらいのボリュームがあるか?
  • キーワードを検索している人の性別や年齢
  • キーワードを検索している人が住んでいる地域

などのデータを知ることができます。

Googleのキーワードプランナーと比べると、検索ボリュームが調べにくく感じますが、ユーザーの男女比休んでいる地域、検索される曜日などの属性データを取得することができるので重宝しています。

ブログで狙うキーワードが「本当に検索されているか?」を知る上でも、こちらのツールをいつでも使えるようにしておきましょう!

1.Yahooビジネスアカウントを取得する

まずは、Yahooのスポンサードサーチに登録をします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-9-24-45

登録はコチラ:http://promotionalads.yahoo.co.jp/service/sponsored-search/

こちらのURLに飛んで、真ん中にある「広告を出したい方はこちらから」をクリックします。

※実際に広告を出すわけではありません。キーワード検索ツールは、こちらのYahooプロモーション広告内のツールになりますので、こちらの広告アカウントを作成していきます。

1-1.アカウント取得の申込みをする

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-19-09-03

「お申込み情報の入力」というページに進みますので、必要情報を入力していきましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-9-27-16

プロモーションページURL」には、あなたのサイトやブログのURLを入力してください。Twitterのユーザー名は任意入力です。

「大カテゴリー」と「小カテゴリー」は、あなたのビジネスのカテゴリを指定します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-19-14-41

メールアドレスは、フリーメール(YahooやGoogle以外のアドレス)になります。

もし、プロバイダやビジネスメールをお持ちの方は、そのアドレスを使用してください。
もしお持ちでない場合は、キャリアのメールアドレスを入力しましょう。

「お知らせメール」に関しては、もし広告運用に興味がある場合は「受信する」を選択します。

すべての入力が終わったら「入力内容の確認」をクリックして、内容確認ページに進みます。

 

screencapture-signup-business-yahoo-co-jp-v2-confirm-html-1473553956880

入力内容に間違いがなければ「規約への同意」をして、「確認コードを送信」をクリックしましょう。

1-2.メールアドレス認証を行う

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-9-33-08

登録したメールに、Yahooビジネスからの確認コードが送信されます。
メールボックスを開いて、コードを確認してください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-9-36-07

メールの中に確認コードの記載があります。この数字をコピーして、入力欄に入力します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-9-36-26

コード認証が終わると、パスワードの設定です。
任意のパスワードを設定いたしましょう。

1-3.電話番号認証を行う

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-9-36-49

次に、電話番号認証に進みます。

携帯電話の番号を入力して「次へ」をクリックすると、
携帯電話にSMS(ショートメール)が届きます。

こちらに届く 桁の数字を入力して、電話番号の認証を完了させましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-9-37-12

これで全ての認証が完了しました!

2.キーワードアドバイスツールの使い方

screencapture-rakuad-business-yahoo-co-jp-ols-lss-accounts-895885-branch-1473554303542

「Yahooプロモーション広告を始めましょう」という画面が出てきますので、
「広告管理ツールを利用する」をクリックします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-9-38-55

広告管理ツールのトップページが出てきますので、上のメニューから

「スポンサードサーチ」>「キーワードアドバイスツール」

と進みます。

2-1.キーワードの月間検索回数を調べよう!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-9-39-26

キーワードの月間検索回数を調べるには、「キーワードまたはフレーズ」の部分にキーワードを入力。

「マッチタイプ」のところを「完全一致」に設定します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-20-52-39

入力をすると、キーワードの検索回数のデータが表示されます。

「推定CPC」や「推定掲載順位」といった項目は、
広告を出稿するときに必要なデータになりますので、ここでは省きます。

大事な部分は、赤枠で囲まれている「推定インプレッション数(日)」の部分。

インプレッションというのが、「表示回数」という意味になります。
つまり、1日でこのキーワードが表示される回数を表しています。

ここの数字に【✕30】をすれば、およその検索回数を知ることができます。

この「会社員 副業」というキーワードに関していえば、

最小:14✕30=420回
最大:17✕30=510回

というおよその検索回数を知ることができます。

※以前はここで検索をするだけで月間検索回数を知ることができたのですが、2016年9月14日から、検索回数が表示されない仕様になりました。こちらの推定インプレッション数(日)を元に計算いたしましょう。

2-2.どんな人が検索しているかを調べよう

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-20-52-39

Yahooキーワードツールの良い点は、検索ユーザーの属性を知ることができることです。

タブの「属性別検索割合」をクリックすると、
そのキーワードがどんな属性に検索されているかを知ることができます。

screencapture-promotionalads-business-yahoo-co-jp-advertiser-tools-keywordadvicetool-1473554421482

こちらが、「会社員 副業」で検索したときの、性別や年代別のデータとなります。

このキーワードで検索をする人の約60%は男性、
そして30〜40代の検索が多い、ということがわかりますね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-21-36-56

左下の「地域別」では、
そのキーワードで検索されている地域を調べることができます。

「会社員 副業」というこちらのキーワードの場合は、44%が関東となっています。

検索をされている地域ほど需要があるということですので、
「会社員のための副業セミナー」などをやる場合は、
関東圏でやるのが効果的なのがわかりますね。

まとめ:ユーザー属性がわかる便利なキーワードツール

ということで、Yahooキーワードアドバイスツールの登録方法と使い方についてご紹介しました。

このように、Yahooキーワードアドバイスツールを使用することで、
あなたが狙ったキーワードの検索回数&属性を見ることができます。

メインで狙うキーワードにそもそも需要があるのか、
検索をするユーザーの属性は自分のビジネスにマッチしているかを把握する上でも、
一度こちらのツールを使って調査することをしておきましょう!

登録はコチラのURLから行えます:
http://promotionalads.yahoo.co.jp/service/sponsored-search/

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

NO IMAGE

アフィリエイトで月100万円を超える人たちに学んだ、「自分らしい働き方」を見つけ...

海外在住でサイトを作る!情報収集とサイト運営のコツをまとめました。

【初心者必須】広告の中からキーワードを抜き出し、膨らませていくキーワード収集方法

NO IMAGE

質の高いサテライトサイトを作るための5項目-文字量や記事内容などの基本編

「タブレット一台」でアフィリエイトサイトを作るときに工夫すべき2つのこと。

収益に直結しないスキルを磨くのは止めよう。僕が収益をあげるサイトを作る上で、意識...