あなたはどんなリソース(資源)を持っていますか? ないものねだりをやめ、今あるもので勝負する。

僕が運営しているオンラインスクール「パワートラベラー実践会」では、毎月スカイプの個別相談や勉強会の場で、20人ほどのメンバーとお話をする機会があります。

メンバーは20代半ば〜30代半ばの年代が多く、男女比は半々くらい。僕と同様の手法で収益サイト構築を進めています。

そうしたスカイプや勉強会の場でメンバーとお話しているとき、

「この人が持っている”リソース(資源)”はなんだろう?」

ということを考えながら、アドバイスをすることが多いです。

その人が持っているリソース。

たとえば、

  • 資格
  • スキル
  • 資金力
  • 時間
  • サイトのネタになりそうな悩みや経験

などですね。

そうしたものを聞き出しながら、今後の方向性や戦略を考えるようなことをしています。

23歳独身青年が持っているリソース(資源)を考えてみる

たとえば、23歳の独身青年にアドバイスをする場合。

彼らに話を聞くと、

「自分には、語れるような人生経験はないですよ」

「なかなか貯金もなくて、、、資金的にはほぼ0です」

といった、自分が持っていないものにフォーカスをしていることが多かったりします。

しかし彼らのリソース(資源)を考えてみると、

  • 気力・体力に無理が効く
  • 失敗しても次がある
  • PCやスマホに強い
  • 同世代の悩みを自然に理解できる

といった、年齢的な強みを持っていたりします。

資金はなくとも、毎晩仕事帰りにジョナサンに篭り、夜中までサイトを作り続ける日々を送る。それを半年、1年続けることができる。そんな体力・気力があるのはこの年代の特権です。

僕自身、アフィリエイトをはじめた20代半ばの頃は、

毎晩近所のマクドナルドに篭って、ハンバーガー+オレンジジュースSの200円で粘り、明け方までひたすらにキーボードに文字を打ち続ける生活を送っていました。

2週間、ほぼ徹夜で400記事とか書いていました(笑)今ではちょっと考えられない集中力ですね。。。

23歳という年齢であれば、思い切って会社を辞めて専業になって、成果が出ないまま資金が尽きたとしても、再就職もしやすいです。再就職してからまた、虎視眈々と独立の機会を狙えばいいだけなので、そう考えると冒険もしやすいのではないかと思います。

PCやスマホに強いことも、同世代の悩みを理解できるというのも大きな強みですね。

  • 彼女ができない悩み
  • 仕事がうまくいかない悩み
  • 自分自身のコンプレックス(体系や髪、性格など)

など、自分自身に関連する悩みを深掘りすることで、収益サイトの芽が出たりします。

パワートラベラー実践会では、20代の独身男性が一番卒業率が高いのですが、彼らが作っているサイトを見てみると、こうした分野でサイトを作り、自分のリソースを最大限活かしているように感じます。

42歳、子持ちパパのリソース(資源)を考えてみる

一方で、42歳・子持ちのパパの場合で考えてみます。

この場合、23歳の青年と同じように、毎日深夜までジョナサンに篭るような生活はとても現実的ではありません。あっという間に家族会議で怒られる様子が目に見えますね(笑)

この年代の方とスカイプでお話していると、

よくスカイプの後ろで「パパ、なにしてるの?」と、小学生くらいのお子さんが顔を覗かせてきたり、そのまま会話に加わってくることもあったりします。

本業サラリーマンの場合は特に、日中は会社の仕事をこなし、子どもの教育や家計について奥さんと話し合ったり、休日は家族サービスに精を出したりと、なかなかサイト作成だけに集中することは難しくなります。

この場合も、

「他のことに気を取られて時間が取れない!」

と、ないものにフォーカスするのではなく、今自分はどんなリソース(資源)を持っているのか?を考えることをしてみます。

そうすると、

  • 42年を生きた人生経験
  • 社会人経験の中で身についた資格やスキル
  • 外注費をかけられる資金力
  • 家族がいるからこそ理解できる悩み

など、いろんなリソースを持っていることがわかったりします。

特に、仕事に関連のある知識やスキルが、そのままサイトに直結することが多いです。

本人が気が付かないところで、自分の持っている専門知識がASPの広告と結びつくこともありますし、社会人経験の中で自然と身についた文章作成能力や業界知識がアフィリエイトサイトに役立つことも多いです。

資金的にも、毎月一定額を外注費(主に記事発注)に回せる方も多いです。自分で記事を書くことを諦め、クラウドソーシングに積極的に記事を発注するようになってから、急にサイトの進みや報酬の伸び率が上がったという方もいらっしゃいます。

時間がないのであれば、その分誰かに働いてもらえば解決します。

こうした外注管理や、副業ビジネスの「プチ組織化」も、会社員経験が活きたりします。(企業勤めの浅い僕では作れないような、外注指示書やサイト設計書を書いてくる方も多いです)

ないものねだりをしても、らちがあきません。

僕らは、今自分が持っている資源で勝負していく他ないのだと思います。

自分が持っているリソースを見極め、それを活かして闘う

僕も、先日30歳になり、もうすぐ子どもも生まれてきます。

5年前の僕のように、毎晩ジョナサンやマックに篭ってサイトを作り続ける毎日は選択できません。なるべくなら家族と一緒に過ごしていたい。

「あの頃はあんなに作業に集中できたのに、、、」

と思うことは簡単ですが、自分が置かれている状況やライフスタイルは刻一刻と変化(進化)していくわけで。その変化に柔軟に対応していなければ、夢は掴めません。

今の僕には、5年前の自分にはなかった外注費をかけられる資金力や、家族がいるからこそ理解できること、そして30年という歳月を生きるなかで学んだ蓄積があります。今自分が持っている資源にフォーカスをすれば、自分がどう闘うべきかも見えてくるものです。

成果がなかなか出ないうちは、ないものねだりをしがちなのですが、

「今の自分は、どんなリソース(資源)を持っているのか?」

「それをどう活かせば、自分が望む結果を手に入れることができるだろうか?」

という視点で自己分析をし直してみると、新しい発見があったり、サイトの企画が思い浮かんだりします。今自分にあるものを最大限活かして、望む結果を得るため進んでいきたいですね。

 

パワートラベラー実践会とは? パワートラベラー実践会は、「PC1台で理想のライフスタイルを叶えるオンラインスクール」です。 これまで僕は、P...

<追伸>
冒頭と記事中の写真は、沖縄の斎場御嶽で撮影したものです。先日の沖縄出張時に立ち寄った場所ですが、身体の中にエネルギーが満ちてくるパワースポットでした!

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

NO IMAGE

自分の「強み」で起業するのは間違い? ひとり起業では「絶対にやりたくないこと」を...

5年前の目標宣言を読み返して。強く恋い焦がれるほどにイメージできた目標は、必ず叶...

働き方や稼ぎ方の選択肢はいくらでもある。大事なのは「どの人生のストーリーを選択し...

社会から逃げ、人から逃げ、それでも自分からは逃げずに生きた4年間で手に入れたもの...

人生を自分のものにするには大きな決断が必要だと、就職放棄して学んだ話。

自分にとっての「成功の条件」とは何か?それは、世間体や常識や周りの評価を外れたと...