ヴィエンチャンのカフェで。人を募集する側になってはじめてわかったこと

人を募集する側になってはじめて分かったことがいくつもある。

  • 初心者のやる気は、ベテランの経歴/実績の前では霞むこと。
  • プロフィールや経歴はかなり細かくチェックしてしまうこと。
  • メールでの文面と言葉づかいで人となりがが判断されてしまうこと。
  • 同じ実績を持つふたりなら、返信が早いひとの方を採用したくなること。
  • クライアントの立場は、圧倒的に強いのだということ。

仕事を持っている側と、仕事を得なければならない側では、圧倒的な距離があることを知った。

なぜ企業は正社員よりもパートや派遣を好むのかということを知った。自分がクライアントになって、雇用者という立場になって、はじめて見えてくるものがいくつもあった。

いい人が見つからなければ他で探せばいい
1回任せてみて、良い仕事をしてくれなければ、他の人に任せればいい

そんなことを普通に考えている自分に驚いた。

もちろん、外注さんとはいい関係を築きたいし、サイトを一緒に運営し育てていくパートナー的な関係になれば、それが一番幸せなことだと思うし、そういった状態を目指して外注さんには接しているつもりだ。

しかし、自分の中のファーストプライオリティーは「ビジネスを進めること」であり、「成果を出すこと」であり、「目標を達成すること」にある。そのためにもっとも優秀なひとを採用したいと思うのは、経営者としての本能だと思う。

これまで僕は「自分の仕事で、自分が飯を食う」ことだけを考えやってきた。

経営者は俺で、雇用者は俺で、従業員は俺で、雑用係が俺で。
そんな風に、ひとりオーケストラみたいな仕事を続けてきた。

それが昨日、

自分は、自分のビジネスを持っている雇用者なのだ

と自覚したことで、新しい世界が広がったような気がした。

どんどん人を雇っていいのだ、ひとに仕事を任せていいのだ、ひとに投資することで、これまで以上のスピードで仕事を拡大していいのだ、そんな許可を与えられた気がした。

とりとめもなく書いてきたけれど、今日からの僕の仕事は、これまでとは絶対に違ってくるということを書きたかった。ヴィエンチャンの喫茶店でこれに気が付くことができたことを、たぶんずっと忘れないと思う。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

関連記事がありません。