紅茶を頼むにもルールがある。「事前知識」がなければ、たとえ英語がわかっても会話をすることができないと気がついた話。

たとえ英語がある程度わかっても、「その場で何を聞かれるか」という事前知識がなければ、コミュニケーションを取れないことが多くあります。

僕は今は英語はある程度喋ることができますが、この「事前知識」がないせいで、何度もちぐはぐなコミュニケーションをすることになってしまいました。

レストランにて紅茶を注文する時、、、

たとえばレストランにて。

食事が終わった後、僕は温かいストレートの紅茶が飲みたかったので「Hot tea」と伝えました。

しかしウエイターは、それをメモするのではなく、いろいろと言ってきます。

僕は、まさか「Hot tea」と伝えるだけで注文は終わると思っていたので、彼が何を言っているのかわからず、ひたすらに発音を変えながら「Hot tea」と伝えることしかできませんでした。

「Hot teaなんてよく聞かれるはずなのに、どうしてわからないんだろう?」と、訝しく思ったほどです。

彼はちょっと困ったようにメモをして、結局、ふつうの紅茶を出してくれました。

Black tea or Green tea?

今考えてみると、彼はきっと、

「Black tea or green tea?」

と聞いてきただけだったのだと思います。

“Black tea”というのがふつうの紅茶で、”Green tea”が緑茶です。その時僕は、「Tea」といえばふつうの紅茶が出てくると思い、”Black tea”という単語を知りませんでした。

”Black tea”を選ぶと、次に聞かれるのが紅茶の種類です。

* アールグレイ
* ブレックファースト
* ダージリン

などですね。

きっとこれも聞かれていたと思うのですが、「茶葉の種類を選べる」ということを知らなかった僕は、やっぱり聴き取ることができませんでした。

逆に、妻はこうした事前知識があるので、僕よりも英語ができないにも関わらず、店員とふつうにコミュニケーションをしています。

店員「アールグレイ、ブレックファースト、ダージリン……どれになさいますか?」

妻「ハーブティはありますか?」

店員「ありますよ。ジャスミンとカモミール、それに……」

妻「じゃあ、カモミールで」

店員「かしこまりました」

妻「はちみつはありますか?」

店員「はい、ご用意しております」

みたいな会話ですね。

僕はにとっては、カモミールを頼めることも、砂糖の変わりに「はちみつ」という選択肢があることも知らなかったので、目からうろこの会話です。

「紅茶には選択肢がある」ということを覚えては、落ち着いて紅茶を注文できるようになりましたが、

紅茶ひとつを頼むにもルールがあり、事前に知っておかなければならないことがあるんだなあと、とても勉強になった経験でした。

事前知識がなければ、会話をすることができない場面がある。

英語ができなくても、次に何を聞かれるかという事前知識があれば、ある程度対応することができます。

逆に、事前知識がなければ、たとえ言葉がわかっても会話をすることができません。

これは、僕の外国語学習にとって、とても新鮮な気付きでした。

これは教科書に書いてあるものではなく、やはり恥をかきながら、戸惑いながら、実地で覚えていくしかないのだと思います。

朝食に卵を頼んだら、焼き方を聞かれる。
オムレツを頼んだら、中にどんな具材を混ぜるかを聞かれる。
エッグベネディクトを頼めば、中に何を挟むかを聞かれるし、ついでにアレルギーを聞かれる。

こうした事前知識を、その場その場で仕入れていくこと、そして自分のなかの経験値を高めていくことで、だんだん世界での生きやすさのレベルが上がっていくように感じるのです。

僕は海外で仕事をするようになって3年が経ちますが、世界には、まだまだ知らないものであふれています。

1週間に数回くらいは、こうした恥をかく場面に遭遇しています。

これから何年も経って、何十回、何百回も恥をかくころには、どんな場面でも物おじしない事前知識の山のようなものが、自分の中にできあがるのかもしれません。そのときを楽しみに、恥を書き続けていきたいと思います。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

これからは、両手をPCとスマホ以外のものに触れる時間を、未体験の体験に触れにいく...

[ホテルジム]アマネム(AMANEMU)のフィットネスジムを貸し切ってトレーニン...

フィレンツェ人に学んだテクノロジーとの付き合い方

チェンマイで5ヶ月間生活してみた。海外ノマドに語学学校、これほど快適暮らせる海外...

自分が好きでやりたいと思っていることは、必ずしも、最高の結果を生み出すわけではな...

明洞の焼肉屋で教わった「うまく行っているときほどトボトボ歩け」という生き方。