人生を切り開くのはいつだって行動力だった。”住み込みトラベラー”大崎くんに聞いた「行動すれば、何かは見える」という話。

もし僕が手持ち資金がゼロ円で、特別な資格もなく、それでも仕事と旅を両立したいなら、きっと彼のように行動をしただろうと思います。

「住み込みトラベラー」の大崎くん。

日本全国の旅館に住みこみながら資金を稼ぎ、旅する生活を続けている22歳の青年です。

icon-angle-double-right 関連記事:「住み込みトラベラー大崎くんの、やりたいことが特にないことの強さ

彼とは1年以上の付き合いになりますが、以前の彼はまだ、「自分の進むべき方向性が決まっていないんです」と話していました。

「ふつうに企業で働くのは 自分には向いていない、それはわかりました。でもまだ、どんな道に進んだらいいかはまだ見えない。だから、僕は住み込みで働きながら旅を続けてるんです」

その彼が、今日はMacbookを持参して、住み込み先の軽井沢から会いに来てくれました。

目的は、どこにいても仕事をができる仕組みを、住み込みではなく、PC一台で作るため。

「世の中にはいろんな稼ぎ方があるんだなあ、ということをこの1年で学びました。ブランディングとか資産運用とか、変なネットワークに巻き込まれそうになったりとか(笑) いろいろと見てきたんですが、結局、PC一台で稼いでいこうってところに落ち着きました」

「色々とやりたいことはあっても、結局、ベースとなるものがないと叶えられないなあと。とりあえず生計を立てられる収益をPCであげて、次の展開を考えようかと思ってるんです」

彼は住み込みで働きながら、休日を使って色んな場所に顔を出してきました。

セミナーや勉強会、オフ会、色んな人たちが集まる場所に出かけていって、新幹線やバスに乗って日帰りで帰る。その中で「自分は一体、何になりたいのか?」ということを、直に問いかけ続けてきたのだと思います。

僕が彼を尊敬するのは、「自分はこれからどう生きていこう?」ということを、ただ考えるだけでなく、身体を張って動きながら考え続けていることです。

トマムで働き、箱根で働き、香川で働き、また軽井沢で働いて、実家には戻らず自分ひとりの力で人生を切り開いてきた、それは誰にでもできることではないと思います。

何も見えないなら、見えないなりに行動をする。そして行動を続けていけば見えるものがある。その姿勢を僕は大崎くんから学びました。彼は今、住み込みに変わる、新しい生計を立てる力を手に入れるため、また動きはじめています。

 

 

※僕が主催する『パワートラベラー実践会』はオンラインサロンですが、こんな風にメンバーさんと個別に話す時間も不定期ですが設けています。

パワートラベラーの働き方について

僕ら夫婦は旅暮らしをしていますが、ただ旅をしていても、お金の心配は消えない。本当に楽しく自由になるには経済的自立が必要。という理念のもと、旅をしながらでも資金を稼ぐことができるライフスタイルを構築しています。

基本はPC一台で完結する仕事を選んでいます。PCで完結する仕事はいろいろありますが、最初に取り組み、現在も大切にしている仕事は、

ウェブサイトを作る

というものです。企業から仕事を受注するのではなく、自分でサイトの企画を立て運営をしながら、サイトからの広告収入(アフィリエイト)で生計を立てています。

仕事関連のまとめはこちら

関連記事

夫婦で、世界のどこにいても仕事ができる環境を作る。

こんなポジティブなルーティーンしています!ニュースレターの読者さんから色んな事例...

「自分の葬式代を出すために僕は稼ぎ始めた」ネガティブな動機から始まった行動は、ま...

仕事環境のスマホ化を推し進めて気がついた3つのメリット。

海外でもアフィリエイトをやり続けるために、僕が工夫している3つのこと。

自分が最もワクワクする生活サイクルは? 生活サイクル最適化(=Life Cycl...