【スマホ仕事術】強制的にシングルタスク環境を手に入れる

スマホ中心の仕事生活に切り替えた大きな利点のひとつが「強制的にシングルタスクになる」ということです。

スマホの画面では複数の画面を同時に立ち上げて作業することができません。

ひとつのアプリを立ち上げれば、他アプリは奥に引っ込む。つまり、目の前の作業以外のことは強制的にできなくなります。

Evernoteで記事を書くときは、Evernoteで記事を書くだけ。

写真を編集するときは、写真をアプリをいじるだけ。

メール返信をするときはメール返信を書くだけ。

パソコンのように、画面の隅でYoutubeや動画を流しながら作業をしたりすることはできなくなります(笑)

仕事環境をスマホ化してから、この、一見すると不便に思えるシングル画面が、集中力を驚くほど持続させてくれることに気がつきました。

マルチタスクができる環境、というのは、逆にいえば「目の前の作業以外のこともできてしまう環境」ということです。

せっかく集中していたのに、メールのポップアップが入って読んでしまったり、情報収集中に目に止まった面白そうな記事を読みに行ったまま帰ってこれなくなった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

『ハーバード成功のテキスト IQより大切な頭の使い方』によると、人の集中力は、一旦途切れると 20〜30分は戻らないという研究結果が出ているとのこと。途切れるたびに30分かかっては終わるタスクも終わらないですよね。

仕事環境をスマホ化し、複雑な作業はできなくなりましたが、逆に記事執筆などのアウトプットに関しては、以前よりずっと捗るようになりました。

色んなことに時間や注意を奪われ仕事環境をが捗らないなと思う場合、スマホの強制的なシングルタスク環境が、ひとつの解決策になるかもしれません。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

ポケット収納サイズのキーボード「Bookey Pocket」を手に入れて叶った、...

夫婦で、世界のどこにいても仕事ができる環境を作る。

仕事環境のスマホ化を推し進めて気がついた3つのメリット。