シンガポールデートにもおすすめ!クラークキー(Clarke Quay)のEnoteca L’operettaでディナーをしてきました。

気候の良いシンガポール。オープンテラスの雰囲気の良いレストランで、ディナーやデートをしたいという方も多いかと思います。

現地に住んでいる友人に「シンガポールでディナーをするならどこのエリアがおすすめですか?」と聞いてみたところ、返ってきた答えが「クラークキー(Clarke Quay)」。

クラークキーは、シンガポール川の周辺に、レストランやバー、カフェ、クラブなどが並ぶ繁華街。

繁華街といっても雑多な印象はなく、どの店も洗練されていて大人な雰囲気。潮風が屋外のテラスを気持ちよく吹き抜ける、雰囲気の良いレストランが揃っています。

IMG_2591

オープンテラスの席からはシンガポールの夜景とマリーナベイサンズが!

川沿いのテラス席ということもあり、熱帯夜のシンガポールの中にあって空気も涼しいです。

IMG_2593

川沿いにずらりと並ぶレストラン。僕らはイタリアンのお店に入りましたが、隣は日本食屋、その奥にはシンガポール名物チリクラブを出す中華も。国際色豊かなシンガポールの、ありとあらゆる食事がこのクラークキーでは楽しめます!

IMG_2595

僕らが入ったのは「ENOTECA L’Operetta」という日本人シェフのいるイタリアン。

IMG_2584

日本人シェフということで、味も日本で食べるイタリアンと遜色ありません。このロケーションでありながら、パスタは15$〜、ピザは10$〜とコスパも良いです。(1シンガポール$=約80円)

IMG_2594

拡大写真を撮り忘れたのですが、ピザの右隣にあるのがロブスターのスープ。たしか13$くらいでしたが、とても美味しくお気に入りの一品。ちなみに僕ら夫婦は、ふだんあまりお酒を飲まないので、ランチやディナーでは炭酸水を飲んでいることが多いです。

IMG_2587

夜よりも、だんだんと日が落ちていく18時くらいから店に入り、シンガポールの夜を迎えるのが素敵だと思います!

IMG_3057

ということで、シンガポールのディナー場所としておすすめな「クラークキー(Clarke Quay)」をご紹介しました。マーライオンのいるマリーナベイ付近に観光に出て、「夜はどこに行こう?」と迷ったら、このエリアまで歩いてくれば何かしらのお店は見つかります。

ちなみに、このクラークキーからマーライオンまでは徒歩15分くらい。ちょっと遠く感じますが、道程はどこも美しくライトアップされていたり、オブジェなどのアートもあるので散歩にピッタリです!

僕らも今回の1週間の滞在中、2回もこのエリアで食事をしてきました^^

シンガポールの夜のデートやディナー場所に困ったら、ぜひクラークキー界隈のお店を検索してみてください。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

オーストリアのカーシェアリングが便利そう!専用アプリで簡単に予約・乗車でできる「...

AMANGIRI(アマンギリ)宿泊レビュー@Mesa View Suite|ホテ...

【写真付】パリオペラ座のスターバックスに行ってきた。宮殿のような装飾にインテリア...

これからは、両手をPCとスマホ以外のものに触れる時間を、未体験の体験に触れにいく...

NO IMAGE

築200年でも新しい!?フィレンツェに短期アパートを借りてみて感じたこと。

NO IMAGE

【大西洋】頭の中の国境が、だんだんとなくなってきている