SEOのスケジュールは?サイト立ち上げ~上位表示させるまでにSEOでやるべきポイント

SEO対策は片思いに似ている? Googleに振り向いてもらうためのSEOの基礎と重要ポイントまとめ」の記事で、Googleを振り向かせる最高SEO対策は、「ユーザーにとって価値あるコンテンツを作ること」とお話しました。

といってもまだ抽象的だと思いますので、今回の記事では、内的・外的SEOの重要ポイントを「どんなスケジュールで実行していくか」ということについて、詳しくお話していきます。

1.初期SEOでやること(最初の1ヶ月間)

サイトを立ち上げてから最初の1ヶ月間にやるSEOを「初期SEO」と呼びます。

この初期SEOの段階では、

「サイトコンテンツを充実させること=内的SEO」

のみを考えていきます。

  • そのテーマに関する徹底的な情報収集
  • オリジナル記事の執筆
  • TOPページのデザインやレイアウト調整
  • 執筆を手伝ってくれる外注ライターの確保
  • Webマスターツールに登録

といった作業です。

この段階では、被リンクは考えなくていいです。

というのも、内容がスカスカのときにたくさんリンクを送ってしまうと、「あいつ、上っ面だけの男ね」とGoogleに懸念され、早々に飛ばされてしまうこともあるからです。

これは個人的な感覚ですが、 1-3ページくらいしかない中途半端な作り込みでアップロードするより、最初のアップロードする段階から20ページくらい作りこんでいたほうが、Googleの第一印象が良いように感じています。やるなら、最初から本気で行きます!

1-1.GoogleのWEBマスターツールに登録する。

サイトが出来上がったら、GoogleのWEBマスターツールに登録します。 スクリーンショット 2014-02-18 12.41.16 WEBマスターツールとは、サイトがGoogleにどう認識されているかをチェックできるツールです。

健全なサイト運営がなされているか、どんな被リンクがサイトについているか、エラーはないかといった情報を管理できます。

このWEBマスターツールに登録しておくと、たとえばスパム判定をされた時に警告が届く他、なんらかの異常が見つかったときに通達が届きます。

サイトのインデックス(Googleにサイトが認識されて検索結果に表示されること)も進みますので、面倒くさがらずに登録しておきましょう。

2.継続SEOでやるべきこと。

サイトの作り込みと初期SEOが終わった後、だいたい2-3ヶ月後以降にやるSEOを「継続SEO」と呼びます。

継続SEOでやる作業は次の2つです。

  • サイトを更新すること。
  • サテライトサイトを構築し、リンクを送ること。

この2つです。逆に言えば、この2つの方法しかありません。

2-3ヶ月後以降は、上位表示ができるまでずっとこのプロセスを繰り返していきます。

2-1. サイトを更新すること

作ったサイトをさらに改善したり、コラム的な記事を追加していく作業です。

サイトは更新頻度は高ければ高いほどGoogleに好まれます。作ったばかりのサイトは自然と更新頻度が高くなりますが、サイトが完成すると更新がなくなりがちです。上位表示を達成するまでは、最低でも月1〜4回は更新をしていくようにしましょう。水増し的なコラム記事であれば、ライターさんに発注することも効率的です。

更新作業は記事の追加だけでなく、記事の修正作業も含みます。これまで書いた記事を書きなおしたり、情報の過不足を調整していく作業も更新に含まれます。よりよいサイトにするためにいじり続けること、これが大事です。

2-2.サテライトサイトを構築し、リンクを送ること。

同時に、サテライトサイトを作り、そこからリンクを送っていきます。

こちらも前回の記事「Googleは応援(=被リンク)されているサイトが好き」と書きました。

が、普通にサイトを運営していても、それがアフィリエイトサイトである限り、一般ユーザーがリンクを送ったり、ブックマークをしてくれることはあまりありません。(理想としては、そうゆうサイトを作りたいのですが…)

そこで、サイトを強くするため、外部に自分でサイトを作り、そこから自分でサイトにリンクを送ります。これが衛星サイト=サテライトサイトと呼ばれます。

継続SEO対策では、このサテライトサイトの構築と、そこからメインにリンクを送る作業が中心になります。

3.サテライトサイトを構築する

それでは、実際にどんなサテライトサイトを作ればいいか見て行きましょう。

スクリーンショット 2015-05-23 11.44.41

サンプルサテライトサイト

このサイトは、僕が実際に「通信制高校のサイト」に送っているサテライトのひとつです。

オールドドメインを取得してきて、そこにWordpressを入れて運営しています。 サイトを見ていただくと、文中から一本だけ、リンクが飛んでいるのがわかります。

リンクを飛ばしているのは、このページからのみ。あとのページは、メインサイトのジャンルと同じ「教育」に関する記事になっています。 理想のサテライトサイトの条件をまとめると、

  1. オールドドメインを使っていること
  2. メインサイトと同じテーマであること
  3. テンプレートが分散してあること
  4. 送るリンクの本数を極力少なくすること

の4点に集約されます。

3-1.オールドドメインを使っていること

domain_registrar 新規ドメインのサテライトより、オールドドメインのサテライトの方が遥かに効果が高いです

オールドドメインとは、以前誰かが運用していたけれど、今は捨てられたドメインのことです。こういったドメインには、昔は良いコンテンツが掲載されていたり、その当時に獲得した被リンクが残っていることがあります。

新規ドメインで作るサテライトの力を「0」とすると、オールドで作るサテライトは、10も20も、100も力を持っていることがあります。この力をメインサイトに送ることができるので、より早く上位表示を達成できるというわけです。

3-2. メインサイトと同じテーマであること

次に、サテライトサイトのテーマは、メインサイトと同じテーマにします。

このサイトの場合だと、通信制高校に限らず、広く「教育」や「学校」をテーマにしたサイトであればかまいません。

いじめ問題、受験勉強、引きこもり、高校生の恋愛事情など。サテライトまですべて「通信制高校」がテーマであれば、それは不自然なので、逆にゆるくていいです。

3-3.テンプレートが分散してあること

3つ目に、ひとつのサイトに送るサテライトのテンプレートは分散します。

たとえば「SIRIUS」で作ったサイトは、すべてのサイトの内部構造が同じになっています。そのような構造のサイトばかりから、被リンク送られていたら不自然ですよね。 スクリーンショット 2014-02-14 07.46.17 一方、wordpressであればたくさんのテンプレートが用意されており、簡単に分散させることができます。僕は今のサテライトのほとんどはwordpressを使うようにしています。

3-4.送るリンクの本数を極力少なくすること

最後に、ひとつのサテライトサイトから発するリンクの本数は、なるべく少なくします。

たとえば、上記に挙げたサンプルサイトの力を「10」とします。この場合、1本の被リンクに「10」というサイトの力が加わります。 しかし、もしこのサイトから5本リンクを出したとすると、1本ずつのリンクの力は、10を5本で割って「2」に分散されてしまいます。

つまり、サテライトの力をダイレクトに伝えるのであれば、リンクは少なければ少ないほど効果を発揮するということです。

たまに、ひとつの無料ブログから、何本も何十本もリンクを送っている例がありますが、そのリンクの効果は無効化されています。むしろそのサテライトはスパムと判断され、スパムからリンクを送られているメインサイトも同様に評価が下がってしまう可能性があります。

3-5.良質なサテライトサイトの条件まとめ

seo 以前であれば、ひとつのメインサイトに何十本、何百本というリンクを送っていくのが普通でした。

しかし現在は、そのようなサイトはスパムと判定され、そうゆうSEOをかけていたサイトは、軒並み圏外に飛ばされるという憂き目を見ています。

そのため今は、信頼性のあるサイトからの良質なリンクを、少ない本数で送る、という方法がベストです。 上に挙げたような、【オールドドメイン×wordpress】を使ったサテライトであれば、月3本くらいのペースでも十分上がっていきます。

無料ブログなどを使う場合はもうちょっと送ってもいいかもしれませんが、正解はないので、あくまでも目安です。 そしてリンクばかりに頼らず、コンテンツを充実させて更新していく。結局のところ、SEOはこの繰り返しになります。

4.初心者のサテライトサイト構築

理想としてはオールドドメイン×wordpressが理想ですが、もしハードルが高ければ「無料ブログ」でサテライトを作っていきましょう。

実際サテライトには無料ブログしか使わず数百万を達成している方もいらっしゃいます。 有名なブログサービスをまとめると、

などが挙げられます。

無料ブログは、それぞれのブログによって構造が違いますし、テンプレートも色々なものを選ぶことができます。ドメインも、それぞれのブログが設置されているサーバーも違うので、自然とリンク元をバラけさせることが可能です。

おすすめのサテライト構築の方法としては、まず、サテライト用の記事を外注さんに書かせて100記事を用意。それを10記事×10ブログに分散その記事の中から1本か2本、なるべく少ない本数のリンクを出してみる、というところから始めることをオススメします。

まとめ:コンテンツを固め、良質な被リンクを少なく送る!

ということでまとめると、、、

初期SEOでやること
⇒被リンクを考えず、徹底的にコンテンツを充実させること。

継続SEOでやること
⇒サイトを更新し、良質なサテライトサイトからのリンクを少なく送ること。

になります。

最初の1ヶ月はひたすら作りこんで、あとはサイトを更新+サテライトをどんどん増やしてサイトを強くする。 逆に言えばそれしかやることがありません。

あとはそれを信じて、反応がなくても4ヶ月くらい続けてみる。そうしてSEOの経験値を積み重ねながら、競合サイトと戦える力をつけていきましょう。

2017年10月スタートメンバー募集

【2017年10月スタートの募集は終了しました】

募集期間:2017年9月18日〜9月24日
募集人数:50名→満席

※募集期間内でも定員に達しましたら、早めに募集を停止させていただきます。
→定員に達しましたので期間内ですが募集を終了させていただきました。

資産サイト構築のノウハウを学ぶことができる「WEB資産構築マニュアル(43800円)」は引き続き販売をしております。実践会にご興味がある方、少しでも早くPC一台で生計を立てる技術を身につけたいという方は、こちらのマニュアルで実践していただければと思います。(マニュアルをご購入いただいた方は、優先的に実践会の振替案内をお送りさせていただきます)

WEB資産構築マニュアルのご購入はこちら

関連記事

NO IMAGE

SEO対策は片思いに似ている? Googleに振り向いてもらうためのSEO重要ポ...

プロアフィリエイターが使ってるChromeの拡張機能おすすめ12選

「検索順位が上がらない!」その時やるべき7つの対策とその手順

NO IMAGE

【勉強会ミニ講座4】アフィリエイト、何からはじめる?

【初心者必須】広告の中からキーワードを抜き出し、膨らませていくキーワード収集方法

赤ちゃん子育て中のママでもサイトは作れる? 限られた時間の中でサイトを作るための...