サントリーニ島はあまりに過酷? ネットの情報と生の情報の差異

この写真は、あの白と青のコントラストで有名なサントリーニ島で撮影した写真です。

白と青の世界はどこへやら、カラカラに乾いた大地に、
ポツポツと家々が点在しているだけの風景です。

もちろん、よく写真で見るような白と青が美しい街並みも存在します。

しかしそれは、島の中心部(Fira)と島の北部(Oia)の一部の地域だけで、
島全体を見渡すと、一見して住みづらそうな荒涼とした風景が広がっています。

もちろん、島の中心部はお洒落な街並みとwifiの繋がるカフェ、
迷路のように入り組んだ街並みを楽しめます。

ただこのハイシーズンは、どこの街路も観光客で溢れており、
散策はちょっと忙しいものになりました。(それはそれで楽しかったのですが)

IMG_20140913_104431

サントリーニ島を歩いていて感じたのは、
映像やネットでの情報と、直に肌で感じる情報では、明らかに差があるということです。

僕はサントリーにという島は、美しいあこがれの島、
というそれだけの印象しか持っておらず、
それだけの印象で、いつかは住みたいと思っていました。

しかし訪問した今では、
もちろんサントリーニは美しい島ですが、

実際に住むとしたら、ミコノス島やロードスの方が
住みやすいだろう
と思うようになりました。
訪問した前と後では、まるで意見が変わっているのです。

こうしたことが、世界を歩いていれば、この先何度もあるのだろうと思いました。

自分の五感で感じること。その感覚と意見を大切にすること。

ネットがあれば何でも「わかる」時代だからこそ、
そういった感性が大切になるのだと感じます。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

ハワイに行ってきました!最高だったので物価や住みやすさを調べてみました。

なんだこのバンズの美味さは! アムステルダム1位のバーガー店「LOMBARDO’...

9月から夫婦で出国します!旅資金を稼ぐために僕らはどんなことを話し合っているか。

ウィーン少年合唱団を聴きに行ってきました!この街にはいつも音楽が流り響いている。

アンテロープのプライベート写真ツアーに行ってきた! 一歩渓谷の中に入ると、別世界...

スタバファンの聖地・北野異人館のスタバが素敵すぎる!