サントリーニ島はあまりに過酷? ネットの情報と生の情報の差異

この写真は、あの白と青のコントラストで有名なサントリーニ島で撮影した写真です。

白と青の世界はどこへやら、カラカラに乾いた大地に、
ポツポツと家々が点在しているだけの風景です。

もちろん、よく写真で見るような白と青が美しい街並みも存在します。

しかしそれは、島の中心部(Fira)と島の北部(Oia)の一部の地域だけで、
島全体を見渡すと、一見して住みづらそうな荒涼とした風景が広がっています。

もちろん、島の中心部はお洒落な街並みとwifiの繋がるカフェ、
迷路のように入り組んだ街並みを楽しめます。

ただこのハイシーズンは、どこの街路も観光客で溢れており、
散策はちょっと忙しいものになりました。(それはそれで楽しかったのですが)

IMG_20140913_104431

サントリーニ島を歩いていて感じたのは、
映像やネットでの情報と、直に肌で感じる情報では、明らかに差があるということです。

僕はサントリーにという島は、美しいあこがれの島、
というそれだけの印象しか持っておらず、
それだけの印象で、いつかは住みたいと思っていました。

しかし訪問した今では、
もちろんサントリーニは美しい島ですが、

実際に住むとしたら、ミコノス島やロードスの方が
住みやすいだろう
と思うようになりました。
訪問した前と後では、まるで意見が変わっているのです。

こうしたことが、世界を歩いていれば、この先何度もあるのだろうと思いました。

自分の五感で感じること。その感覚と意見を大切にすること。

ネットがあれば何でも「わかる」時代だからこそ、
そういった感性が大切になるのだと感じます。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

世界を自由に飛び回る力をつけるために 「世界を自由に飛び回る力をつける」そのために、僕はPC一台でできる仕事の仕組みを作ってきました。 ...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

関連記事

台北一の人気スパ!そわそわしながら、リージェント台北のカップルスパを受けてきた。

スタバファンの聖地・北野異人館のスタバが素敵すぎる!

英語を話すためには英語力だけでは足りない。言葉を交わすには「人間力」が絶対に必要...

【熊本のインフラ情報】インターネット / 道路 / 電話回線 / 緊急宿泊場所 ...

【世界喫茶店探訪】リスボンのシアード地区・Armazens do Chiado内...

ウィーン観光にも便利!夫婦旅・家族旅行にもオススメなホテル「Starlight ...