リスボンで現地SIMカードを買ってみた結果⇒下り10Mbps以上のサクサク回線!

リスボンで現地SIMカードを買ってみたよ!

ポルトガル・首都リスボン、ポルテラ空港に到着。

到着ロビーにさっそく「Vodafone」の支店を見つけましたので、さっそく現地SIMカードを購入してみました!

DSCF1426

SIMカードを買うとどうなるの?

現地SIMカードを買ってスマホに差し込むとと、現地の人が使っているのと同じ安い料金プランで、ネットや電話ができるようになります。

例えば日本のSoftbankの海外パケットを利用すると1980円-2980円/日もかかってしまいます。しかし現地のSIMを購入すると、同じ値段で、月上限1GB~使い放題のプランに加入できてしまうのです!

必要なもの・流れ

ポルトガルのSIM契約は外国人も簡単にできます。パスポートすら要りませんでした。

ショップの兄ちゃんに「SIMカード欲しいんだけど(Please give me a SIM card)」と言ったら、すぐにセッティングしてくれました。

僕がやったことは、料金プランを選ぶことと、スマホの言語設定を日本語⇒英語にしたくらいです。日本語のままにしていると、店の人がやりづらそうにすることがあるので。

DSCF1438

料金プラン

契約したのは「月上限1GB=16ユーロ」のプラン。日本のように事務手数料もなく16ユーロポッキリ。

料金表の写真を取るのを忘れてしまったのですが、上限半分の500MBで12ユーロでした。ポルトガルは、ホテルはもちろん、どこのレストランや喫茶店でもWifiが通っているので、Wifiとデータ通信を使い分けるとかなり節約できそうです。

速度は?

Screenshot_2014-01-26-15-19-33

街の中心部で測定してみたところ、

下り:10.69 Mbps
上り:1.42 Mbps

出ていました。サックサクやで!

ちなみに下りで10Mbpsあると、youtubeなどのHD動画がサクサク見れる速度。街の色んなところで繋げてみましたが、最大で下りは12Mbps、上りで4Mbps近くまで出ていました。

感想:思った以上にサックサクのポルトガルSIM。これは買わないと損!

これを書いている今はポルトガル滞在6日目ですが、申し分ない、全く快適なネット生活を送っています。

このSIMに限らず、意外にもポルトガルはホテルやアパート、喫茶店の無料Wifiが非常に優秀で、サイトの作成やアップロードまで、ストレスフリーで仕事ができています。

リスボンは、ヨーロッパの他の都市に比べても治安が良いため、スマホで街の写真をガンガン撮ってすぐFacebookにアプロード、みたいなことをしてOKな街。ポルトガルに滞在の折は、ぜひ現地SIMを差し込んで、リアルタイムな旅の様子を配信してみてください!

P.S.リスボンの街中でSIMを買うなら。

DSCF1891
わかりやすい場所だと、リスボンの中心地・ロシオ駅前広場に面した、南側の通りに支店がありました。陸路からリスボンにINした方はこちらでどうぞ!

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

パリの風を感じながら走る。パリ市街を走るオープンバスに乗ってきました!

ポルトガル・リスボンで短期アパートを借りてみた!契約までの流れと手続きまとめ。

滞在してわかった!ウィーンのおすすめホテルと観光に便利なエリアまとめ

アメリカの電話番号が月1$で持てるアプリ「iPlum」を使ってみた!

【旅=自由ではない】旅資金を稼ぐ力を身につけた人しか見られない風景がある。

明日から2泊3日、妻と台湾デートをしてきます。