コンフォートゾーンを広げよう。身体を張って飛び出せば 世界は必ず味方をしてくれる。

「コンフォートゾーン」
という考え方があります。
 
コンフォートゾーンとは
「自分がラクでいられる範囲」のことで、
  
たとえば部屋でTVを見ていたり
決まりきったルーティーンをこなしたり
冒険もない代わりに刺激もない
そうした行動範囲のことを言います。
 
その意味で、この写真は
僕にとっては完全に
コンフォートゾーンを外れているものです。
 
まさか僕は、フィリピンの路上で
人生はじめてのバイクに乗ることになるとは
夢にも思っていませんでした。
 
東南アジアを巡る中で
バイクに乗ることを迫られる機会は多く、
 
そのたびに断っていたり
誰かの後ろに乗せてもらうしかなかったり
  
(東南アジアでは移動はバイクがふつうで
 12歳くらいには運転できたりします)
 
情けなく、カッコがつかない思いを
ずっとしていました。
  
このドゥマゲッティでようやく僕は、
その悔しい思いに
決着がつけられたような気がします。
  
バイクに乗り始めて
2日が経ちましたが、今ではもう、
「乗れていること」が普通になりつつあります。
 
そのうち、
「過去の自分は、なぜ怖がっていたのか?」が
わからなくなる日も来るのでしょう。
 
勇気を出してコンフォートゾーンを飛び出して
もがきながらも、なんとかやりきる。
そうすれば、ゾーンがその分だけ広がります。
 
僕はそうしてもがきながら
行動範囲を広げてきたように思います。
 
もう僕は、
海外で暮らすことも、
世界を旅して仕事をすることも
夫婦で仕事をしながら旅する生活も
特別なこととは思わなくなりました。
 
それは僕にとっては当たり前の毎日で
その毎日を生きながら
「これから自分はどう生きようか」と考え続けています。
 
怖かったのは、飛び出す前だけ。
頭でぐるぐる考えているときだけで、
身体を張って飛び出せば
世界は必ず味方をしてくれたように思います。
 
あなたは最近、何かに挑戦したり
冒険をしたりしましたか?
  
自分のコンフォートゾーンは
今どのくらいの広さですか?

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

圧倒的な努力をする―自分のマイナスをプラスにするために人の20倍手を動かした話。

お金を手に入れたいなら「収入を生み出す行動の比率を増やす」こと、それ以外に道はな...

目指すは「ナンパしつつロードバイク日本一周の旅」。夢を叶えるエネルギーは、いつだ...

NO IMAGE

【夢を諦める方法】僕が10年追いかけたミュージシャンの夢を諦められた「1つの気づ...

「いちばん可能性が高い失敗要因はなんだろう」NASAのアポロ計画に学ぶ、実現不可...

あなたはどんなリソース(資源)を持っていますか? ないものねだりをやめ、今あるも...