PC一台でできる仕事だからこそ思う「オフラインの時間」の大切さ。

9月5日から11日間、インターネットにほぼ繋がらない地中海の上で生活をしていました。

こんなに長い間ネットに繋がらないのは起業をして以来はじめてです。

僕は、PC一台で仕事をしているので、
基本、ネットは繋がりっぱなしの数年間を過ごしていました。

しかし、オフラインの状況に放り込まれた11日間で思ったのは、
オフラインの時間が増えるほど、
自分の知らないたくさんの世界に触れる機会が多くなる、ということでした。

dsc02949

ネットが繋がらないので、PCを触れる時間が少なくなります。

すると、観光をしたり、スタッフとお喋りをしたり、
他の乗船客と会話をする時間が増えます。

自分の知らない世界のことを、ネットにはない生身の情報を
たくさん仕入れることができました。

もし、船室でネットがつながっていれば、
これらの気付きを見過ごしてしまったかもしれません。

dsc02791

僕はこれまで多くの時間を、PC一台でできる仕事を構築することに費やしてきました。

  • 収益を上げるサイトの育成。
  • メールマガジンの執筆。
  • スカイプでのコンサルティング。
  • 会員制サイトの育成。

だからこそ僕は、今こうして妻とふたりで、
ヨーロッパを周遊する自由を手に入れることができたと思っています。

しかし、僕がPCに向かって多大な時間を費やしてきたその脇で、
きっと、たくさんの世界が通り過ぎていったのだと思います。

dsc03300

PC一台でできる仕事を構築することはもちろん大事です。

しかし同時に、
オフラインの時間を増やせるような仕事の仕組みが、
絶対に必要なのだと気がつきました。

ヨーロッパにいる間に、
自分の仕事をもう一度見なおして、収益を最大化しつつ、
さらに自由な時間が増えるような仕組みを作っていきたいと考えています。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

世界を自由に飛び回る力をつけるために 「世界を自由に飛び回る力をつける」そのために、僕はPC一台でできる仕事の仕組みを作ってきました。 ...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

関連記事

日常的に旅を続ける、そのために僕が気をつけている食事のこと in ハワイ(オアフ...

自分が最もワクワクする生活サイクルは? 生活サイクル最適化(=Life Cycl...

境界線を踏み越えて。19日までフィリピンに滞在します!

新しい時代の働き方をつくるーパワートラベラーは進化します。

イトコの結婚式に参加してきました。自分の「好き」のその先が、生計に結びつく未来に...

旅と仕事を夫婦で両立するために。旅中の1日のスケジュールを公開します!