【バルセロナ-リスボン】鉄道・バス・飛行機を比べてみたけど、フライトがコスパ最強&最安値だったよ!

バルセロナからリスボンまでの経路を、飛行機-鉄道-バスで比較してみました。

結論からいうと、フライトがコスパ的にも価格的にもおすすめ。各経路の値段と所要時間をまとめましたのでご参考ください。

IMG_20140125_131650

飛行機で行く場合

利用したのはこちらの航空会社。

TAP PORTUGAL

昼12:30出発、約2時間のフライトで、ポルトガル着が現地時間の13:30。真昼間のフライトにもかかわらず116USDという安値で、美しい地中海を空から一望できる、あっという間のフライトでした。

skyscannerで検索すると、この経路を飛ぶ多くのLCCが検索できます。
http://www.skyscanner.pt/

TAPの他にも安いLCCが出ていますね。skyscannerは世界の格安航空券を検索できるサイト。iPhone/Androidアプリも出ているので、入れておくとなにかと便利です。

ちなみにこの区間、安い日であれば1万円ジャストくらいで見つかりました。

バルセロナ市内から空港までのアクセス。

空港までの一番簡単なアクセスが、水色の車体のシャトルバス。

AEROBUS。空港から街の中心地であるカタルーニャ広場までを結んでいます。広場の右側の通りにわかりやすいブースが出ています。

朝6時-深夜1時まで5-20分おきに運行。値段は片道で、空港までは約30分。「A1」がターミナル1へ、「A2」がターミナル2へ向かうバスなので、予め自分のターミナルを忘れずにチェックしておきましょう。

DSCF1424

鉄道でリスボンまで行く場合。

鉄道でバルセロナ-リスボン間を行く場合は、ネットで調べた感じだと、「バルセロナ⇒マドリッド」で乗り換えて、「マドリッド⇒リスボン」を移動。

乗り継ぎがスムーズに行けば、夕方バルセロナを出て、2時間半~3時間でマドリッドへ。その後、21時50分の列車に乗り換えて、翌朝7時半にリスボンに到着します。合計約14時間、14000円~程度。

バルセロナ-リスボン間(Renfe)

  • 40€~(プロモーション料金の場合)
  • 朝6時より約1時間おきに運行(2時間半)

http://www.renfe.com/

マドリッド-リスボン間(Rail Europe)

  • 8590円
  • 21:50発-7:30着(10時間40分)

詳細な情報は、バルセロナサンツ駅あたりで聞いてみるほうが確実です!

バスでリスボンまで行く場合。

バスで行く場合、EUROLINESから安いバスが出ていました。

これによると、毎週月・木・土・日に運行されていて、昼12:00に出発し、到着が翌朝の6:45。

値段が、今日のレートで10791円となっています。フライトと同じかちょい安程度ですが、18時間のバス旅とか…どうなのよ?

こちらもネットで調べただけですので、詳細はサンツ駅ターミナルで聞いてみてください。バルセロナからの国際線は、ほぼサンツ駅からバスが出ています。

おすすめは断然フライト!

「陸路移動にこそ意味がある」という沢木耕太郎的なこだわりが特に無いなら、フライト移動が断然オススメです。なぜなら、太陽が輝く真昼間の時間、地中海とヨーロッパ大陸の境界線を見下ろしながらのフライトは、最高に気持ちが良いからです。

この眺め!

IMG_20140125_131412

IMG_20140125_131650
IMG_20140125_131326
IMG_20140125_143605
IMG_20140125_144510

ベタ塗りしたような地中海のエメラルドグリーン。この海の色は日本ではお目にかかれませんよね。

晴れた日の昼の便に乗れば、この地中海の眺めを堪能した後で、午後早い時間にホテルにチェックインし、リスボンの市内観光もすることができます。

ということでバルセロナ-リスボン間を比較してみましたが、飛行機とバスが最安値、ただしコスパと時間を考えると飛行機が最強、という感じで個人的に結論。同区間を移動される方はぜひご参考ください。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

NO IMAGE

【バルセロナ】ツーリストとアパート滞在者は感動ポイントが違う?

サントリーニ島はあまりに過酷? ネットの情報と生の情報の差異

【世界喫茶店探訪】リスボンのシアード地区・Armazens do Chiado内...

自分にとっての異国とは、心理的な距離によって決められるのだと、新山口駅で気がつい...

NO IMAGE

【バルセロナ】世界はいろんな民族でできていて、それが交じり合って日常を作っている...

平日昼間、フィレンツェの街を歩きながら、この自由を叶えるためなら何度でも起業しよ...