オールドドメインでメインサイトを作るときの6つの手順!

「最近オールドドメインでメインサイトを作ったのですが、なかなかインデックスが進みません。いっそのことこのドメインを捨てて、新しいドメインで作りなおそうと思っています。オールドドメインでメインサイトを作るとき、気をつけることはありますか?

最近、こんな質問をパワートラベラー実践会のメンバーさんからいただきました。

サイトアフィリエイトでは欠かすことができないオールドドメイン。

オールドドメインとは、「昔、誰かが運営をしていたけれど、今は捨てられたドメイン」のことを指します。

この捨てられたドメインをもう一度取得することで、そのときの運用歴や評価を引き継いで、自分のサイトを運営することができます。つまり、SEOを頑張ることなく上位表示を達成できたり、新規でドメインを育てるよりも早く成果に結びつくことがあるなど、、、色々と魅力が満載なのがこのオールドドメインです。

ただ、効果がある分、デメリットや使い方のコツもあり、そうしたことを考えながら付き合っていく必要があります。

この記事では、僕がどんな風にオールドドメインと付き合っているか、そして、メインサイトを作るときにはどんな手順を踏んでいるかについてお話します。

前提:オールドドメインでメインサイトを作るのは難しい。

IMG_20150420_161326

まず前提として、「オールドドメインでメインを作るのは難しい!」というのが僕の結論です。

オールドドメインは当たり外れがあり、すぐにインデックスされて上位表示もできるドメインから、どんなに時間が経ってもインデックスすらされない、ペナルティを受けているドメインもあります。

僕も以前はオールドドメインでメインを作っていたのですが、そのときは次のような手順を踏んで作っていました。

1.メインサイト用のオールドドメインを5〜10個取得する

まずはオールドドメインを5〜10個程度取得します。

オールドドメインは業者から購入することもありますし、「Expired Domains」などのサイトから良いドメインを探して自分で取得します。

オールドドメインは当たり外れがあるので、せっかく購入してきたドメインでも、それが本当に良いドメインかどうかは、実際にアップをしてみるまでわかりません。複数のドメインを取得することで、「どのドメインが一番いいドメインか?」を判断していきます。

2.クラウドソーシングの「タスク」で記事を発注する。

次に、サイト用の記事を発注します。

これはメインの作りこんだ記事ではなく、クラウドソーシングの「タスク」などで集めてきた記事でかまいません。

スクリーンショット 2015-09-13 23.38.17  クラウドソーシングの「ランサーズ」

記事のジャンルは、たとえば中古車のサイトを作るのであれば「中古車」関係、スキンケアのサイトを作るのであれば「スキンケア」関係にします。

目安としては、1サイトあたり5記事程度を入れていきましょう。10サイトを作るなら50記事を発注し、5記事✕10サイトに分散するイメージです。

3.メインで狙うキーワードをタイトルに設定、一斉にアップ!

納品された記事を、WordpressやSIRIUSなどに入れてサイトの形にし、一斉にアップします。このときデザインや体裁は気にしません。

このときのポイントは、サイトタイトルはすべて同じキーワードを入れるようにすることです。

たとえば「メンズエステ おすすめ」というキーワードを狙うのであれば、そのキーワードが入ったタイトルを、10通り考えます。(ここが一番面倒な作業ですね)

つまり、同じ条件、同じキーワードを狙ったサイトを10サイト作り、よーいドン!で一斉にアップ。「どのドメインが一番強いか」を見ていきます。

4.1ヶ月ほど様子を見て、どのサイトが一番上位表示できるかを観察する

一斉にアップしたサイトの検索順位を、GRCなどの順位チェックツールを使って観察します。

まったく同じ条件でアップしても、ドメインによって検索順位に変化が出ます。

いきなり20位圏内に表示されるドメインもあれば、インデックスすらされないドメインも。そうして、どのドメインが優秀なドメインかを判断していきます。

5.一番優秀なドメインをメインに。そのほかの9サイトはサテライトに回す。

1-2ヶ月ほど様子を見て、一番優秀なドメインをメインサイトに認定。

その他のサイトはそのまま放置して、メインサイトのサテライトに回します。結局、資産型のサイトをつくるときはサテライトも必要になるので。取得したドメインは無駄にはなりません。

6.メインのドメインを作りこんでいく!

そしていよいよ! メインに設定したドメインを作りこんでいく作業に移ります。

理想をいえば、このドメインを判別する1〜2ヶ月の間にあらかた記事は書き終わっていて、あとはアップするだけ、という状態になっているとベストですね。あとは通常通りサイトを育てていきます。

それでも不安定なオールドドメインサイト。

、、、というような、けっこう面倒なプロセスを踏んで作っていました。

そうしたプロセスを丁寧に踏んだとしても、新規ドメインでサイトを作るよりは成果が出るのが早かったのですが、最近は、オールドドメインの評価が不安定だったり、こうしたプロセスを踏んで決定したメインサイトが途中で圏外に飛ばされたり、、、というようなことも増えてきました。

ということで、メインで長く付き合っていくサイトは、僕は新規ドメイン(ローマ字)で作るようにしています。

オールドドメインは全部、サテライトにまわしています。こっちの方が、神経質にならなくていいので気楽だったりします。

オールドドメインの使い方は人によって違います。人によっては「一切使ってないよ」という人もいますし、「オールドだけで月に10数万使ってるよ」という人もいます。色々と試行錯誤しながら、オールドドメインとの付き合い方を見つけていきましょう!

 

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

検索しても出てくる情報が古い! 最新版の情報だけをGoogleで検索する方法

NO IMAGE

外注はいつからはじめる? 月1万円からはじめる外注戦略

仕事をしながら勉強ができて、それが収益に結びつく。パリでサイトを作りながら考えた...

【初心者必須】広告の中からキーワードを抜き出し、膨らませていくキーワード収集方法

残業を切り上げてコツコツ資産サイトを構築→月46万円の報酬確定!メンバーのゆうこ...

「投資」としてのアフィリエイトサイトの価値を考える。