どんな心がけで仕事をするかで、得られる未来も変わる。僕がサイトを作るときに心がけている6つのマインドセット。

こんにちは、パワートラベラーの阪口です。

僕の本業は収益があがるWEBサイトを作ること。個人でアクセスが集まるWEBサイトを作り、その広告収入で旅資金や生計を立てています。

サイトを作っているときには、収益戦略や見栄え、構成などいろんなことを考えるのですが、

その前提として、

どんなマインドでサイト作るか」が、

収益にも直結する大事なことなのだと、最近とくに思うようになりました。

僕自身もそうですし、主催しているオンラインスクールの卒業生メンバーを見ていても、ゼロから這い上がって収益をあげている人には、芯の強さを感じます。

たとえば僕は、アフィリエイトをはじめてから今に至るまで、こんな心構えでサイトを作っています。

1.収益が上がらないわけがない、と信じている

まず、サイトをつくっているときに「収益が上がらない」という事態を想定していません。

「上がらなかったらどうしよう」と悩むのではなく、「このサイトは収益があがるんだけど、じゃあ月いくら上げよう?」と、報酬があがっている前提でモノを考えています。

収益が上がらない場合、それは途中で諦めたときだけです。

収益がちゃんとあがるテーマを選んで、粘り強くサイトを作り続けていけば、必ず成果は出てきます。

2,サイトが飛ぶはずがない、と信じている

こうした仕事をしていると「サイトが飛んだらどうしよう」という声を良く聞きます。

飛ぶ、というのは、Googleから運営上のペナルティを受けて、検索順位の圏外にサイトが飛ばされることを意味します。PPCやSNSからの集客ではなく、検索エンジン経由で集客をしている場合、Googleの圏外に飛ばされるということはそのままサイトの死を意味します。

その危険性は認識しつつも、作っている最中には「サイトが飛ぶ」ということを考えていません。

ユーザーのことを真摯に考え、良いサイトを作ろうと動いているのに、まさかペナルティをくらうわけがない。自分のサイトが飛ぶとすれば、「すべてのサイトはすべからく消えなければならない」それくらいに考えています。

3.このサイトを求めている人は必ずいる、と信じている

サイトには「そのサイトがなくてはならない」存在意義があります。

僕のこのサイトでなければ、解決できないユーザーの悩みがある。他にどんな強い競合サイトがあろうと、「このサイトでなくてはならない」理由が必ずあると思っています。

そのため、競合サイトを研究することは大事ですが、ある程度方針が固まったら、競合のことは忘れて、自分のサイトが与えなくてはならない価値に集中します。

相手のサイトがどうあるか、ではなく「自分のサイトはどうあるべきか」「どんな価値を発信すべきか」に集中する、ということですね。

ですので、競合はあまり気にせず、大きなワードでもどんどんサイトを作りますし、1年スパンで動き修正を積み重ねていくと、意外と勝てるケースが多いです。

4.自分や家族が自由になる分の収益があがらないわけがないと、信じている

サイトを作り始めた当初は、スキルも足りないですし、粗末なサイトしか作れず心が折れそうになります。

しかし、それでも、

「自分ひとり、自由にできないはずがない」
「自分と家族が自由になる分の収益が、あがらないわけがない」

と信じています。

この世の中に回っているお金の総量は無限大ですし、それに比べたら、自分や家族が自由になる分のお金なんて、些細なものです。

月30万円でも、月100万円でも、月1000万円でも。自分が理想の状態を叶えるために必要だと思うだけのお金は、遅かれ早かれ絶対に流れ込んでくると思っています。

5.圧倒的な量はすべてを凌駕する、と信じている

どんなに頭が悪くても、デザインや文章のセンスがなくても、

「圧倒的な量は、絶対に収益に繋がる」

と信じています。

どんなにセンスがなくても、人の10倍くらいやれば必ず成果が出ます。

100記事書いて成果がでなくても、10000記事くらい世に送り込めば、収益をあげるサイトは必ず出てきますし、その過程で、ウェブの知識はすべて身につきます。

努力と作業量は人を裏切りません。もし結果が出ていないのだとすれば、それは単純に数が足りていないからだと思っています。

6.神様はきっと自分を見ている、と信じている

自分の努力や頑張りや作業量は、どこかで誰かが見ています。

便宜的に「神様」と呼びますが、自分の頑張りはどこかで神様が見ていて、やった分に応じて、自分が思い描く理想の状態を、与えてくれるものだと信じています。

 

神頼みというわけではありませんが、自分の努力や作業量が一定水準に達したら、必ず”何か”が自分を引き上げてくれると思っています。

どんなマインドで動くかが、未来の結果に反映される

13123386_1351752178184591_5902323727321145530_o

だいたい、こんなことを無意識に考えながら作業をしています!

まとめると、

1.収益が上がらないわけがない、と信じている

2.サイトが飛ぶはずがない、と信じている

3.このサイトを求めている人は必ずいる、と信じている

4.自分や家族が自由になる分の収益があがらないわけがないと、信じている

5.圧倒的な量はすべてを凌駕する、と信じている

6.神様はきっと自分を見ている、と信じている

という6つですね。

同じ作業にあたっていても、「成果がでなかったらどうしよう」と思ってやるのと、「成果は絶対にでるし、自分は自由になれる」と信じてやるのでは、違う結果が出てきます。これは、サイトにかぎらず、どんな仕事でも同じことがいえると思います。

仕事を進める前提のマインドはどうなっているか。一度確認してみると、実は、結果から遠ざかるようなマインドになって足を引っ張っていることもあるかもしれません。

信念を持って、日々の仕事に取り組んでまいりましょう!参考になるものがあればぜひ取り入れてみてください。

パワートラベラー実践会とは? パワートラベラー実践会は、「PC1台で理想のライフスタイルを叶えるオンラインスクール」です。 これまで僕は、P...

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

さよならFacebook。スマホからFacebookを削除したら、スマホも頭の容...

もし来年、たった1つのことしかできないとしたら、あなたは何をしますか?

あなたはどんなリソース(資源)を持っていますか? ないものねだりをやめ、今あるも...

夢をカチカチ唱えるために。カウンターを手に入れました!

働き方や稼ぎ方の選択肢はいくらでもある。大事なのは「どの人生のストーリーを選択し...

「いちばん可能性が高い失敗要因はなんだろう」NASAのアポロ計画に学ぶ、実現不可...