ロンドン・ヒースロー空港で宿泊できる? 治安は? ターミナル5で夜明かししてみた結果

夜到着、翌朝出発のロンドン・ヒースロー空港。空港に到着して、8時間後には次のフライトの予定だったので、空港でそのまま夜を明かすことにしました。

本当は空港近くのホテルを取りたかったのですが、ターミナルに近いホテルはどこも満室。街に出て行けばホテルもあったのですが、それだけのためにわざわざ夜の街に出るのは逆に危ないと思い、空港で夜を明かしながら仕事をしていることにしました。

ヒースロー空港、ターミナル5で夜明けを待つ。

ヒースロー空港は24時間営業です。
ターミナルは1から5まであり、エアラインによって分かれています。
今回はフライトが到着したターミナル5で、そのまま夜を明かすことにしました。

DSC07736 DSC07743 DSC07749 DSC07751 DSC07744 DSC07740こちらがターミナル5の様子です。

閑散としていて怖い雰囲気がありますが、同じように夜を明かしている旅行者が多くいます。ターミナル内は清掃が行き届いていて、想像していたよりはずっと夜を過ごしやすい空港のように思いました。

ターミナル内は夜中ずっと灯りがついていて、清掃作業や夜間業部をしているスタッフさんも多いです。

このターミナル5は、市街地からは一番離れた場所にあるせいか、たむろしているような一般人の姿は見かけず、他空港のように殺伐とした空気はあまり感じませんでした。

24時間営業のカフェやスーパーも!

DSC07739 DSC07735こちらが24時間営業のカフェ「COSTA」。こちらの店内に多くの旅行者が集まって、PCを広げて映画をみたり、ソファに横になって仮眠を取ったりしています。DSC07754僕ら夫婦はテーブルのひとつにPCをひろげ、帰国するまでに仕上げておきたい仕事を片付けていました。二人いると交代で寝られますし、トイレにいくときも荷物を見ておくことができるので、安心感は多少あります。DSC07748 DSC0774724時間営業のスーパーも!

照明は暗く、スタッフさんたちが品出し補充をやっていますが、ふつうに買い物をすることもできます。お腹が空いても安心ですね。

ターミナルに直結しているホテルは?

DSC07742ターミナル5を出てすぐのところにあるホテル「SOFITEL HOTEL」の看板。ヒースロー空港は巨大で、ターミナルに直結しているホテルがいくつかあります。

Yotel(ターミナル3)」「Hilton London Heathrow Airport (ターミナル4)」などがそうですね。値段が安いのは、日本のカプセルホテルを真似たYotelでしょう。今回は満室で宿泊することができませんでしたが、次は早めに、こうしたホテルを予約しようと思います。

ヒースロー空港で夜は明かせます! でも、ホテルに泊まれるならそれがいいよね。

ということで、夜のヒースロー空港の様子をご紹介しました。

24時間空港ということもあり、夜でも過ごしやすい空港に思いましたが、注意はもちろん必要です。他のターミナルの様子はわかりませんし、もしターミナルに近いホテルを予約することができるなら、それに越したことはありません。

今回は、急なフライトでホテルが見つからなかったことや、翌日はビジネスクラスで帰国できるためこうした選択をしましたが、やはり異国の空港で夜を明かすのは精神的にも疲れます。次回はもっと時間に余裕を持って予定を立てようと思います。

 icon-angle-double-right ヒースロー空港近くのホテルを検索する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
阪口ユウキ
PC一台でできる仕事をやりながら、家族と旅して暮らす生活を叶えています。収益サイトの構築と自分メディア運営が得意。起業してからの軌跡は著書『うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話』にまとめています。

旅の様子と資金を稼ぐ方法はニュースレターで配信しています。

ニュースレターでは今僕が取り組んでいるビジネスや、ゼロからPC一台で稼ぐ力をつける方法、海外で見つけたビジネスのアイディアなどを配信しています。セミナーや勉強会などの情報もいち早くお伝えしています。

阪口ユウキ YUKI SAKAGUCHI


仕事をしながら世界各地を巡るパワートラベラー。夫婦ふたりで旅暮らしをしています。


旅の様子はニュースレターで配信しています。
苗字  *
名前  *
メールアドレス  *

BOOKS



パソコン一台でできる仕事で起業をしてから、出国するまでの2年間の軌跡が本になりました!

FACEBOOK

facebook-top

リアルタイムな旅の様子はFacebookで配信しています。友だち申請・フォロー歓迎です!

NEW ENTRY

PAGE TOP