「るるぶ」も「地球の歩き方」も電子書籍で買えるって知ってた? 分厚いガイドブックに荷物を悩まされる時代はもう終わった。

長期旅行のときになによりも幅を取るのがガイドブック。行く先々の国のり級の歩き方を詰めてたら、それだけでスーツケースの4分の1がガイドブックで埋まった、というのはよくある話です。

僕自身もこれまでガイドブックには頭を悩ませていました。

これまでは紙の本を買ってきて、それをスキャン業者に依頼、データ化して持ち運ぶ……という手間をかけていました。しかし、その手間も、今年からは解放されそうです。

2014年から、るるぶや地球の歩き方のKindle版が発売されるようになったからです!

るるぶは国内外をほぼ網羅!紙よりも電子版の方が安いです。

スクリーンショット 2015-06-02 10.25.19「るるぶ」は国内、海外に限らず、もうほとんどの地域のガイドブックの電子化が進んでいるようです。

今回の旅行では、フランス→オーストリア→チェコ→オランダ→ベルギー→ロンドンと進んでいるのですが、その期間のガイドブックは全て見つかりました。毎月、どんどん新しい地域のガイドブックが発売されているので、今年のうちには完全なデータ化が進むのではないかと思います。

ちなみにるるぶは、Kindleの方が紙のムック本より安いことが多いです。僕はセール中に購入したので、すべて1冊500円で手に入れることができました。

地球の歩き方のデータ版が発売。これで重さから解放される!

スクリーンショット 2015-06-02 10.31.56こちらは「地球の歩き方」。最新版が揃っています。こちらは紙もデータも値段が変わりませんが、この分厚い本を持ち歩く必要がないと思うと、清々しい気持ちがしてきますね。

ちなみに、Kindleを持っていなくても、iPhone/AndroidともにKindleアプリ(無料)が出ているので、これをインストールすればどの端末からでもKindleで購入した本にアクセスすることができます。

地球の歩き方は、海外のスリ師には有名なパッケージで、「これを広げて歩いているのは日本人」と覚えられてしまっています。電子書籍であれば、スマホを取り出して、地図や情報を指先で確認して……とスマートに開けるので、少しはリスクヘッジにもなるのかな?と思います。

電子書籍ガイドブックのデメリット

持ち運びが便利な電子書籍版のガイドブックですが、デメリットもあります。

見たいページに辿り着くまでに大変ですし、探したい情報に辿り着くまでに時間がかかります。検索をかける機能があればいいのですが、バラバラと開きながら行きたい場所を決めたい人には、ちょっとストレスがありますね。

るるぶはまだページ数が少ないのですが、ページ数の多い地球の歩き方は大変ですね。1ヶ所だけしかいかない、荷物に余裕がある旅であれば紙媒体の方がはるかに読みやすいでしょう。

海外ガイドブックならLonly Planetの電子版がオススメ。こちらはチャプターで買えます。

海外のガイドブックで一番有名なものは『Lonly Planet』シリーズですが、こちらもバッチリ電子化に対応しています。スクリーンショット 2015-06-02 10.38.36こちらはチャプターごとに購入することができますので、必要なところだけ補足して買う、というのにとても適しています。英語が読める方であれば、こちらの方がスマートに情報収集ができるかと思います。スクリーンショット 2015-06-02 10.38.53Lonely Planetオンラインショップ
http://shop.lonelyplanet.com/ebooks/

大手ガイドブックがデータ化されたことで、分厚いガイドブックに荷物を悩まされる時代は終わったのかもしれません。長期旅行をされる方は、電子ガイドブックの存在はかなり重宝しますので、ぜひお手持ちの端末で検索してみてくださいね!

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

ウィーンでアパートを借りてみた!部屋の検索方法と借りるまでの手順、おすすめエリア...

阪口が使っているカメラやレンズ、編集アプリのまとめ

マネークリップ「THE RIDGE」:海外でのお金管理はマネークリックがおすすめ...

僕が海外でも「基本、白シャツ」で行動するようになった理由

スーツケースに何を詰めるか。それはその時の自分にとって一番大事なものは何なのか?...

フィレンツェでアパートを借りてみた!検索方法と手続き、おすすめ宿泊エリアをまとめ...