ウィーンで自転車に乗ろう!シティバイクの借り方とウィーンの自転車事情について。

ウィーンではとにかく自転車をよく見かけます。

中心街がこじんまりとしていて徒歩でも移動できるのと、坂道が少なくフラットなせいか、老若男女を問わず自転車ですいすい移動している人たちが多いです。

しかもカッコイイ自転車に乗ってる人が多い!

ロードバイクをこれだけ一般市民が乗りこなしている街は少ないのではないでしょうか。見た感じ、ママチャリよりもロードバイクにのっている人の方が多く目につきます。マダムもマウンテンバイクやロードバイクにさっそうと乗って走っています。

歩道と自転車道も分かれてます。

ウィーンでは歩道と自転車道が分かれています。

自転車道は車道と同じような扱いで、もし歩行者が歩いていると容赦なくベルを鳴らされます。日本のように歩行者優先という感じではなく、道が分かれてるんだから歩行者はそっち歩こうぜ、みたいな感じですね。

聞くところによると、サイクリングルートの全長は1200キロを超えて今なお伸び続けているとか。すさまじいですね!

1ユーロから借りられるレンタサイクル「シティバイク」

ちなみに、ウィーンでは観光者でも気軽に自転車が借りられます。

旧市街を中心に展開しているレンタサイクル・システム「シティ・バイク」。1200台以上の貸し自転車が、市内100ヶ所以上のステーションに常駐されています。主要な観光地は網羅しているので、どこに行くにもとても便利です。

シティバイクの利用は、公式サイトからオンライン登録か、ステーションでクレジットカード登録をします。スクリーンショット 2015-06-06 18.59.53シティバイク公式サイト→http://www.citybikewien.at/

利用料金は以下のとおり。

* 登録料金:1ユーロ
* 最初の1時間:無料
* 2時間まで:1ユーロ
* 3時間まで:2ユーロ
* 4-120時間:4ユーロ/1時間

となっています。

ウィーンの地下鉄は初乗り2.2ユーロなので、ちょっとした移動であれば、地下鉄ではなくレンタサイクルの方が便利だと思います。

最後に、オープンカフェで食事をしていたときに走り去っていった自転車の写真をおもむろに掲載しておきます。ウィーン滞在中はぜひ自転車に乗ってみてくださいね!DSC05900 DSC05909 DSC05916

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
旅資金について

パワートラベラーと名乗っているので「トラベルブロガーですか?旅することで稼いでいるのですか?」と言われることが多いのですが、僕の仕事は「WEBサイト運営」です。

PCとネット環境があれば、世界どこでも仕事ができるため、パリやチェンマイ、リスボンなどにアパートを借りてしばらく定住したり、時には世界一周をしながら暮らしています。

【僕が実際に旅資金を稼いでいるサイト作成の方法はコチラでまとめています】

世界を自由に飛び回る力をつけるために 「世界を自由に飛び回る力をつける」そのために、僕はPC一台でできる仕事の仕組みを作ってきました。 ...

2017年4月に娘が誕生したため、現在は子育て中心の生活を送っています。子供と一緒に旅できる日を目標に、毎日コツコツサイトを作っています。

関連記事

【バルセロナ-リスボン】鉄道・バス・飛行機を比べてみたけど、フライトがコスパ最強...

AMANGIRI(アマンギリ)宿泊レビュー@Mesa View Suite|ホテ...

オーストリアのカーシェアリングが便利そう!専用アプリで簡単に予約・乗車でできる「...

AMANEMの貸切プライベート温泉ってどんな感じ? 見学に行ってきました。

ミラコスタホテルの窓から、真夜中のディズニーシーを眺めて学んだこと。

夫婦ふたりで、世界を自由に飛び回る状態は叶えることはできるのか?