24歳にして丸坊主となる。

心機一転を体現するわけではないが、

突然、

思い立って坊主にすることとした。

 

まさか24歳になって

坊主にするとは思いもしなかった。

 

いや、坊主願望は大学時代からあったのであるが、

友人恋人関係を顧みるにいきなり出家するわけにもいかず、

社会人になるとさらに世間体というものの縛りが加速するわけで、

なんの障害物もなくなった今やらずにいつやるのかと、

気がついたらamazonでバリカンを購入していたのである。

 

翌日には届いていた。

 

唸り声を上げるバリカンを前髪に近づけていく自分の姿を、

洗面台の鏡面に映しながら、

「正気か!?おまえは正気なのか!?」

と3分ほど心の中で叫んでいたが、一度刈りあげてからは早かった。

 

丸々育った羊を容赦なく刈り上げるように、

みるみるうちに露わになる私の頭皮。

 

これまで散々に気を揉んできた

ヘアースタイルというものから解脱する、

その解放感は快楽と称してもいいだろう。

 

後ろや襟元の調整に苦心したが、

格闘すること30分であっというまに出家が完了した。

 

外を出歩いていてショーウインドーに坊主姿の自分を見つけると、

思わず吹き出さずにはいられない。

家の中でも、ちらっと鏡に自分が映るだけで

「阿呆がいる」とほくそ笑んでしまう。

 

それは自分が坊主であるというおかしみのせいでなく、

そもそも「坊主」という髪型が

根本的に「陽気」なものなのだ、という気がする。

 

炎天下を駆けまわる野球少年のイメージはあっても、

陰鬱に部屋に引き籠っているイメージはなかろう。

うじうじしている坊主など、もはや滑稽でしかない。

坊主になった以上、明るく、朗らかに生きる他ないという気分になる。

 

これからは丸坊主から「お洒落坊主」へと進化を果たし、

そのバリカン技術を取得することを目標に、

色々と実験をしてみたいものだ。

髪なんて、失敗してもまた育てていけばいいのだ。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

NO IMAGE

モチベーションではなく生存欲求に仕事をさせよう。

九州男児に囲まれて仕事をする日々が始まる。

生と死を考える。

2011年3月、起業宣言。

100万円を「稼ぐ」ことではなく、100万円の「価値を与える」ことを考えることの...

NO IMAGE

印象・わかば