AMANEMの貸切プライベート温泉ってどんな感じ? 見学に行ってきました。

Private Onsen @ AMANEMU

この記事を書いている今、妻は妊娠8ヶ月になるのですが、妊婦になると温泉施設にもなかなか入りづらくなるようです。

大きなお腹を人前に出す抵抗感もありますが、貧血を起こしたり、お腹で足元が見えづらくなるため滑って転びやすくなります。

ということで、僕らは貸し切りができる「プライベート温泉」のあるホテルやリゾートを選んで泊まるようにしています。

ホテルによっては1時間単位で借りることができる小さな露天・内風呂があるところもあり、こちらを利用すれば夫婦で人目を気にせず、ゆっくり過ごすことができるからです。

ここアマネムでも貸し切りのプライベート温泉があるということで、見せていただくことにしました。

アマネムの貸し切り温泉はSPA施設の中にあります。SPA施設は別棟になっていて、部屋からの移動は専用カートになります。

こちらのサーマル・スプリングを奥に進んでいきます。ちなみにこちらは温水プールではなく「温泉プール(!)」になっていて、冬場でも露天風呂気分で楽しむことができますよ。

僕らは「NARA」というプライベート温泉を見せていただきました。

こちらがプライベート温泉の中。内風呂と露天風呂に別れています。

家族4-6人くらいでもゆったり入れるスペース。遠くは伊勢志摩の自然と英虞湾の景観を眺めることができます。

こちらは昼間の写真ですが、逆に晴れた日の夜に利用したいなと感じました。

というのも、AMANEMあある立地は周囲に灯りがないため、晴れた日は夜空にくっきりと星々を眺めることができるからです。恋人同士や家族でゆったりゆぶねに浸かりながら、夜空を見上げて過ごす、、、というのもおつですね。

料金は、1時間2名 10,000円/3人からは1人につき追加料金5,000円。

予約が入っていなければそのまま利用できそうな雰囲気でしたが、スタッフやコンシェルジュに事前に空き状況を聞いてみるのが確実です。

<追伸>

ちなみに、僕ら夫婦は、見学はしたのですが、実際にはこちらのお風呂は利用していません。

というのも、アマネムでは部屋風呂に天然温泉を引いている(!)ため、気軽に温泉を楽しむことができたからです。

蛇口をひねると温泉が。

お風呂の窓は開け放つことができるので、露天風呂気分が味わえます。

このお風呂がとても気持ちよく、朝起きて風呂、アクティビティー後の風呂、ディナー後の風呂と、1日に何度も入り直してしまう程。湯船も大きく、家族で入ることができる大きさですよ。

<プライベート温泉詳細>

  • ホテル名:AMANEMU
  • URL:https://www.aman.com/
  • 住所:三重県志摩市浜島町迫子2165
  • 利用料:1時間2名10,000円(3人からは1人につき追加料金5,000円)
  • 利用時間:7時〜23時

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

語学研修中に叶ったふたつの夢

平日昼間、フィレンツェの街を歩きながら、この自由を叶えるためなら何度でも起業しよ...

フィリピン航空の飛行機内Wifi「in AiR」を試してみた。もう、Wifiがつ...

ウィーン少年合唱団を聴きに行ってきました!この街にはいつも音楽が流り響いている。

ポルトガル・リスボンで短期アパートを借りてみた!契約までの流れと手続きまとめ。

NO IMAGE

【大西洋】頭の中の国境が、だんだんとなくなってきている