世界中、どこでも生活できる力があったら。

滞在先のホテルや街角の喫茶店で自由に仕事ができたなら。

あなたはどこで、どんなライフスタイルを送りますか?

 

パワートラベラー(POWER TRAVELER)は、
世界を自由に旅しながら旅資金を稼ぐライフスタイルです。

ユーザーの役に立つWEBサイトを作って収益を上げる。

メールマガジンを書いて有益な情報を届ける。

ブログやFacebookを活用して自分ブランディングをする。

SNSで世界中のひとと繋がりプロジェクトを企画する。

これまでにない面白い企画を立てて電子書籍を出版する……

パソコン1台で、世界中のどこにいても収益が上げられる技術を磨き、
自分にしかできない情報発信をすることで旅資金を稼ぐ。

旅と仕事が融合したこれからの時代の働き方、
それが「パワートラベラー」です。

旅をすることと、自由であることは違う。世界のどこにいても、葛藤や不安からは逃げられない。

旅と自由。その言葉に、夢とロマンを感じない人はいないでしょう。

仕事や日常生活から解放され、
異国の文化や風習、人々に触れる経験は、
旅の中でしか味わえない刺激に満ちています。

しかし、

「旅をすることと、自由であることは違う」というのが僕の考えです。

まとまった期間自由に旅をするためには、
色々なものを捨て、不安に耐える必要があります。

社会人であれば、仕事を辞めて肩書きをリセットする。
学生であれば、授業単位を諦めて休学を選択する。

そうして一時的に自由を手に入れても、
その自由には限りがあります。

楽しい日々を過ごすほどに銀行残高は減っていく。

帰国後の将来のことを考えれば不安になり、
こんな場所でふらふらしてていいのかと焦燥感を覚える。

たとえ現地で好きな人ができても、
収入を得る手段がなければ帰国するしかない――

自由だからこその葛藤や不安からは、
世界のどこにいても逃げることはできません。

本当の自由を手に入れるためには、世界を飛び回る”具体的な力”が必要だ。

僕もバックパッカーをやっていたとき、
そうした不安や葛藤に追われていたひとりでした。

持続可能な自由を手にしたい。

そこで考えたのが、

「パワートラベラー」という仕事の方法、
旅をしながらパソコン一台でできる仕事をするというライフスタイルでした。

パソコンがあればできる仕事であれば、
旅先のホテルや喫茶店でも
自由に仕事を続けることができます。

資金が苦しくなってもその苦しさと闘うことができますし、
気に入った街が見つかれば、そこに住むこともできます。

PC1台でできる仕事を持っていることは帰国後の保険になりますし、
再就職するのではなく、その資金を元手に
新しく起業することもできるでしょう。

世界を自由に旅をする力を身につけて、
旅を通じて世界に学び、自分にしかできない仕事をやる。

そんなライフスタイルを叶えられないだろうかと考えました。

僕はこのライフスタイルを実践してみようと、
仕事をつくり、2012年7月に出国しました。

そして2017年の今日に至るまで、
国内外を転々と巡りながら、そんな仕事と生活を続けてきました。
ひとりで、途中からは妻と一緒に。

その理想は間違っていなかったと、
今では確信を持って言えるようになりました。

パワートラベラーの実例:WEBサイトを運営して旅資金を稼ぎ続ける方法

パワートラベラーな仕事の方法は色々ありますが、

僕の場合、

WEBサイトやWEBマガジンを旅中に作り更新をしながら、
その広告収入で生計を立て、
旅の資金を稼ぐという手法を取っています。

たとえば、

今運営しているサイトのひとつに、
旅行系の大規模サイトがあります。

世界各地の観光やホテル情報をまとめており、
その土地に住んでいるライターさんに
記事執筆を依頼をしています。

僕は編集長として、
上がってきた記事をチェックし、アップロード。

サイトを訪問した誰かがホテルに宿泊してくれたり
ツアープログラムに申込をしてくれると、
そこから決まった成果報酬が入る仕組みです。

こういった収益が上がるWEBサイトを複数運営しています。

旅先でサイトの企画を練り、マーケティングを行い、
サイトを構築することで資金を稼いでいます。

この仕組みは出国の1年前から準備をはじめ、
出国後も継続して育成を続けています。

今では毎月、旅を続けるに十分な資金を運んでくれるようになりました。

自由を手に入れた個人が、世界中を飛び回って、自分のミッションを叶える世界へ

パワートラベラーが目指すのは旅を続けることではありません。

旅をして、色んな価値観や文化を学び、
たくさんの人やアイディアに触れることで自分を深め、
自分のミッションを形にしていくことこそが
パワートラベラーというライフスタイルが目指す場所です。

PC1台で生計を立てる行為は、
自分の本当にやりたいことを叶える準備段階にすぎません。

自分は世界中どこでも生きていく力がある。
パソコンさえあればどこでもお金を稼ぐことができる。

だから、ここで学んだスキルやアイディア、
旅をして得た人脈を使って
自分にしかできない仕事を形にすること。

自由に世界を飛びまわる個人が作る仕事は、
最高にクリエイティブなものになると信じています。

自由になる力を持った個人が、
世界中を飛び回って価値を配信し、
自分の本当にやりたいことを国境や社会を超えて叶えていく世界。

パワートラベラーが描くのはそんな、
新しい時代のライフスタイルです。