僕がビジネスを構築するときに意識している<蓄積化><外注化><仕組み化>という3つのこと。

大阪を離れて、妻とシンガポールに来ています。

シンガポールは、これが4回目の滞在。空港からの移動や市内の地理も、だいぶわかるようになってきました。

今回は僕の予定半分、妻の予定半分になっています。

●ビジネスと投資関連の会合に参加
●妻の起業家仲間2人が合流
●現地のことに詳しい仲間と不動産巡り
●マリーナベイ沿いのホテルを泊まり歩き(泊まりたかったフラートンベイホテルにも!)

という感じで動いています。

FullSizeRender 4

今はホテルのロビーでこの記事を書いているのですが、画面の向こう側に異国の風景が広がっているのは新鮮で。

こうして日本を遠く離れたところに来ると、落ち着いて自分の心と向き合うことができるように思いますし、そうしてPCに向き合いながら仕事をしたり記事を書いたりする時間は、すごく贅沢なように感じます。

最近やっていること

最近は、少しFacebookやブログの更新頻度を落としていました。

調子が悪かったわけではなく、むしろ逆で、自分の仕事の仕組みを作りなおすために色々と精力的に動いていました。

shujitu

こちらは、以前、岡山の就実大学の経営学部で「パワートラベラーのビジネスモデル」についての講義したときのスライドの一枚。

[kanren postid=”23884″]

僕は仕事をつくるときには、<蓄積化><外注化><仕組み化>という、この3つの軸を考えるようにしています。

<1.仕事の蓄積化>

まずは、仕事の<蓄積化>です

やったらそれで終わり、といったビジネスではなく、やったらやっただけ積み重なっていくようなビジネスを作っています。

たとえばブログなどは、1度書いた記事はそのままブログに残り続け、記事が増えれば増えるほどに色んな人の目に触れ続けることになります。

1記事書くのにかけた時間と労力が、その後も続いていくということですね。

他にも、何かセミナーを開催するとき。人を集めて、当日開催をするだけであれば、その会場に来てくれた人にしか情報を届けることができません。

しかし、当日の動画を撮影しておけば、当日会場に来れなかった人にも届けることができますし、ブログなどの媒体に置いておくことで継続的な販売ができるようになります。

こうした自分が注いだ力を一過性のものにするのではなく、継続的に作用するようにするのが「蓄積化」です。

<2.仕事の外注化>

次に<外注化>です。

人間には得意不得意があり、自分が本当に力を発揮できる仕事は限られています。

たとえば僕の本業は、アフィリエイト広告やアドセンス広告で収益をあげるWEBサイトを作り、広告収入をあげることで生計を立てています。

僕は、これまでにない視点のサイトの企画を考えたり、競合の隙間を見つけたり、戦略を立てることは得意なのですが、サイトの必要な記事を書くのはとても苦手だったりします。

そうした不得意な記事執筆は、すべてクラウドソーシングで外注をしています。

woman

こちらは「Woman&Crowd」というクラウドソーシング。女性専用のクラウドソーシングで、女性向けの記事を集めるのに適しています。

たとえば旅行系のサイトを作るときにも、もし僕が、自分が行ったことない地域について記事を書くのであれば、ガイドブックをイチから紐解いて調べなければ満足な記事は書けません。

しかし、その地域に僕よりも詳しい人はいくらでもいるわけで。このクラウドソーシングにも、以前旅行会社に勤務していた人や、現地に住んでいる人がたくさん登録しています。

そうした人を見つけて、記事を外注すれば、自分の時間を削減することができますし、結果的に良質な記事が集まることになります。

不得意な仕事は、自分が頑張って能力をあげるのではなく、それが得意で好きな人に任せるようにする。その、得意な人を見つけることに自分の力をつかう

そうすると、自分の不得意なものが手を離れ、自分が本当にやるべき仕事に集中できるようになります。

<3.仕事の仕組み化>

最後に、<仕事の仕組み化>です。

これは、どのような流れでビジネスが回っていくかを整え、改善していく作業になります。

aki8

たとえば「月100万円」の収入が入ってくる状態を目指していたとして、「対面」の仕事でその収益を達成することができたとします。

コンサル契約を受注したり、セミナーを開催したり、オフラインでの塾を開講したりといった仕事ですね。

しかし、たとえば月100万円を稼ぎたい動機が、

家族と一緒にいる時間を増やして、子育てや自分の時間を大切に使いたい

ということだったとします。

すると、コンサル契約が増えて、お客様に使わなければならない時間が多くなればなるほど、家族や自分のプライベートに使う時間は少なくなっていきますし、理想の状態からは遠ざかることになってしまいます。

理想の収入を達成することと、理想の状態を叶えることは、同じなようで違うことがほとんどです。

このときに考えなければならないのが<仕組み化>です。

たとえば、収入を減らさず、対面での仕事を減らしたいのであれば、対面での仕事を「オンライン」に切り替えるという方法が考えられます。

僕は、収益サイトの作り方や技術を伝える「パワートラベラー実践会」というオンラインスクールを運営していますが、こうしたサイトの作り方は、もともと対面で教えていたものでした。

対面で教えていたサイト作成の手順やスキルを、対面ではなく、動画や音声の形でまとめて配信する。

そうすると、自分のノウハウがどんどん<蓄積化>されていきますし、対面での仕事も減り時間ができます。

sikumi

運営するオンラインスクールの一部。専用のメンバーサイトに動画や音声、テキストコンテンツを投稿し、メンバーは自由に閲覧・学習できる環境を整えています。

オンライン配信になるので、自分は好きなときに、好きな場所でコンテンツを作成することができるようになります。

僕は対面が苦手なこともあり、月10人くらいでひいひい言っていましたが、今はオンラインに切り替えたことで毎月400名のメンバーに向けて情報発信ができるようになりました。

得られる収益額も変わりましたし、そこに至る過程もまったく変わっています。

自分の理想の状態に合わせて、ビジネスの形を柔軟に変えていく。これが仕事の<仕組み化>です。

シンガポールで考えていること

IMG_2366 3

7月は、この仕組化を整えることをやってきました。そしてここシンガポールでも、その仕組みをどのように回すかについて考えています。

昨日は、インターネットビジネスとは関係ない、起業家やビジネスオーナー、投資家たちの集まりに参加したのですが、今後の仕組みづくりのヒントを色々いたただき、だいぶ視界もクリアになったように思います。

収益をあげることはもちろん大事ですが、そこに至る道程、その仕組みを、どのように今の自分が理想とする状態と一致させることができるか、そこにこれからの僕の勝負があると感じています。

シンガポール滞在は1週間、その間に少しでも多くのものを学び、成長したいと思っています。

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

かねてからの夢だった大学講演が決まりました! 和洋女子大学にて「自分の働き方は自...

チェンマイでパワートラベラー仲間と合流しました! 世界でできる仕事を持って、ふら...

こんなポジティブなルーティーンしています!ニュースレターの読者さんから色んな事例...

新型Macbookに機種変しました。ワークスタイルもPCの中身も、もっと身軽に自...

自由な人を増やす、仕事をしよう。パワートラベラー実践会の卒業生メンバーとチェンマ...

アプリからの「プッシュ通知」を削除したら、人生に集中する時間が増えた話。