2.26 【2か月半ぶりに】2月26日進歩状況報告【アルコールを接種する】

この前ビールを飲んだのはいつだったろうと思い返してみると、

それはスマートCの初報酬が上がった12月7日のことで、

以来今日に至るまで一滴のアルコールも接種していなかった。

 

クリスマスも、正月も、ずっと仕事をしていたし、

曜日の感覚がないものだから、花金だからと浮かれることもなかった。

 

飲み交わすような友人も乏しいし、何よりそんな贅沢をする金銭的余裕はない。

では一人酒の趣味はあるかと聞かれれば、別段、飲まずとも大丈夫な体質だった。

 

本当に、自分で書いていて、呆れるほどのつまらない禁欲生活をしていた。

 

それが「禁欲生活」と感じなかったのは、ひとえに僕が、

9月に大阪に移住してからこの半年間、まさに生死の境で這いつくばっていたからで、

 

「飲む」だとか「遊ぶ」だとか「贅沢する」だとか、

そんな選択肢が入り込む余地が、微塵もなかったからに他ならない。

 

時折、感情や性欲や妄想を持て余すことはそれはまあ健全な男子だからあるのだけど、

かといってそれを満たす余裕があるわけではなく、

結果的に、禁欲的な生活にならざるを得なかったのだ。

 

それがどうして今日、何の記念日でも、

なにかをやり遂げたのでもない2月26日の夜、

500mlの金麦を開けているのかというと、なんというか、

 

ここ西成で余裕で暮らせる生活費=月10万円というハードルを、

コンスタンスに超えることができる脚力を、

自分が手に入れてしまったことによる。

 

この場所にいる限り、しばらくは、自分は死ぬことはないだろう。

最低限度の生活が、自分の手で保障された今、正直、呆けてしまっているのである。

 

決して西成の居心地がいいわけではない。居心地的には最悪だ。

ここに住んでいる人種も、空気も、食べるものも。どこかみな、拭いがたい負の影を纏っている。

 

その隠しがたい負の影は確実に私の身体にも染みついている。

その、耐え難い臭気を自分から嗅ぎ出すとき、どうしようもなく、絶望的な気分になる。

 

ここは24歳の青年が暮らしていい場所ではない。

いくら生活がしやすくとも、骨を埋めていい場所では決してなかった。

だがいっぽうで、その最悪劣悪な環境でさえ、食っていけないのが半年前の僕だった。

 

1円を稼ぐ力もなく、その方法もわからず、ただ明日の飯の種に怯えておびえ続けた。

稼ぐ能力がない自分の力を呪い、こらえきれずに何度も路地裏に飛び込み泣いた、

そんな押しつぶされそうな毎日が永遠に続くような気がしていた。

 

あれから半年が過ぎて、今、健康で文化的な最低限度の生活を営む力を得た。

その、ようやく手に入れることができた安堵感に、なんだか呆けてしまったのだ。

 

今日のビールは、つまりは、そうゆう意味合いのビールである。

 

そうして、これまでの半年間を振り返って、自分は、自分が思っているよりもずっと、

傷だらけで疲れ果てていることに気が付いた。

 

誰に愚痴を聞いてもらうこともできず、誰に寄り掛かることもできず、

助けてくれる誰が現れてくれる一抹の保証もなく、ただただ毎日、

0円の文字が並ぶ管理画面を睨み付け、腹を空かせ、悪夢にうなされ、

外を歩けば浮浪者にぶつかり、自分もまた彼らと同じ臭気を発散させている。

 

死神の手から逃げ回るように、ただひたすらに走り続けた半年間だった。

正直に告白しますと、なんの仕事をする気もしない、無気力な状態になっています。

 

インフルエンザ中からその傾向は顕著だったのですが、全快してからも、

必要最低限のメンテナンス作業にあたるだけで、

あとはもう、筆舌に尽くしがたいぐーたらを極めており、

それはもう自分でも目を覆いたいもので、100年の恋も一瞬で炭化すること間違いない、

怠惰の権化とも呼ぶべき体たらくの堕落生活を営んでおります。

 

まああと数日もすれば、そのだらけている生活にも飽きて、

また以前のような律儀で生真面目な

仕事生活に戻ることは予想がついているのだけど。

 

自然にそうゆうふうに身体と心が向かうまでは、

最低限の作業だけは行いつつ、

思いっきりぐーたら生活に身を委ねてしまいたいと思います。

これが過ぎればまた数か月は休みなしでやると思いますんで、

しばらくは充電期間ということで、ぐーたらさせていただきます。

 

この記事を書いた人

阪口 ユウキ
阪口 ユウキPOWER TRAVELER
企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付けたのが2013年、以来世界を巡りながらできる仕事を続けています。

【主な仕事】WEBメディアの運営/コラム執筆/オンラインスクール「パワートラベラー実践会」の運営
【旅のスタイル】年間フライト50回以上。アパートを借りて暮らしたり、語学学校に通う滞在型の旅が好みです。
【近況】現在は妻が妊娠中のため、大阪に拠点を構えながら、収益サイトと自分メディアの構築を続けています。
メール講座「パワートラベラー養成講座」を配信しています

「企業に所属しなくても、個人単位で、世界を自由に旅をしながらできる仕事がしたい」そんな働き方を叶えると決意したのが2012年のことです。

日本でも海外でもできる仕事は何があるのか。辿り着いた答えは、

資産となるような、収益サイトをつくる

というものでした。

パワートラベラー養成講座は、僕が起業してからの6年間実践してきた、自由な働き方を叶える技術やマインドセットをまとめたメール講座です。

「個人単位で働きながら、自由なライフスタイルを叶える」という理念に共感いただいている、6000名以上の方に向けて配信しています。

パワートラベラー養成講座を購読する

関連記事

NO IMAGE

12月の収益報告

NO IMAGE

もう浮浪者気分で街を歩くのはまっぴらなんだぜ

NO IMAGE

2月14日 胡座仕事から立ち仕事へ

NO IMAGE

旅する起業家、というスタイルについての覚書

NO IMAGE

印象・わかば

NO IMAGE

2月13日進歩状況報告【自分が受け取る価値の10倍社会に与えること】